羽田空港が最先端ロボットの実証導入場所に! 画像 羽田空港が最先端ロボットの実証導入場所に!

IT業務効率

 日本空港ビルデングは20日、「Haneda Robotics Lab」を設置し、羽田空港でロボット製品の実験導入を行う「羽田空港ロボット実験プロジェクト 2016」の第1期参加事業者の公募を開始した。

 「Haneda Robotics Lab」の開設は、政府が進める「改革 2020」プロジェクトの実現に向けた取り組みの一つとして、同社が国土交通省および経済産業省と連携して実施するもの。

 ロボット開発者にユーザテストの機会を提供し、羽田空港を最先端ロボットの活躍の場とすることで、対外的に日本の先端技術をアピールすることも目的としている。

 今回募集するカテゴリーは「案内ロボット」「移動支援ロボット」「清掃ロボット」の3点となる。公募の募集期間は9月20日から10月13日までで、実施期間は11月初旬から2017年1月末まで。実証実験場所は、羽田空港国内線第2旅客ターミナル南側出発ロビーを予定している。

 羽田空港では、これまでにも様々なロボット技術の導入や実証試験してきており、CYBERDYNEのロボットスーツ HALR作業支援用(腰タイプ)は、2015年9月よりさまざまな作業補助に活用している。
《防犯システム取材班/小池明》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 古河ロックドリルが新型ドリルジャンボを開発。リニア新幹線を視野に、最大出力が25%向上

    古河ロックドリルが新型ドリルジャンボを開発。リニア新幹線を視野に、最大出力が25%向上

  2. 山梨市を巨大“実験場”に、ブドウ園に環境センサー、果樹ICT化構想スタート!

    山梨市を巨大“実験場”に、ブドウ園に環境センサー、果樹ICT化構想スタート!

  3. 建設現場向け自律型清掃ロボット、1平米当たり0.4分で清掃!

    建設現場向け自律型清掃ロボット、1平米当たり0.4分で清掃!

  4. EV使用済みバッテリーを家庭用蓄電池や充電器に再利用――4Rエナジー

  5. サービス業のIT利用最前線!7 “相席”したロボットの「居酒屋のおもてなし」

  6. サービス大賞の受賞病院に学ぶ「地域で企業が生き残る秘訣」

  7. リニア新幹線に向けて回転水平多軸式連続壁機を開発!

  8. 土木学会のAI懇談会が初会合/IoTやビッグデータを土木分野にどう活かす?

  9. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  10. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

アクセスランキングをもっと見る

page top