羽田空港が最先端ロボットの実証導入場所に! 画像 羽田空港が最先端ロボットの実証導入場所に!

IT業務効率

 日本空港ビルデングは20日、「Haneda Robotics Lab」を設置し、羽田空港でロボット製品の実験導入を行う「羽田空港ロボット実験プロジェクト 2016」の第1期参加事業者の公募を開始した。

 「Haneda Robotics Lab」の開設は、政府が進める「改革 2020」プロジェクトの実現に向けた取り組みの一つとして、同社が国土交通省および経済産業省と連携して実施するもの。

 ロボット開発者にユーザテストの機会を提供し、羽田空港を最先端ロボットの活躍の場とすることで、対外的に日本の先端技術をアピールすることも目的としている。

 今回募集するカテゴリーは「案内ロボット」「移動支援ロボット」「清掃ロボット」の3点となる。公募の募集期間は9月20日から10月13日までで、実施期間は11月初旬から2017年1月末まで。実証実験場所は、羽田空港国内線第2旅客ターミナル南側出発ロビーを予定している。

 羽田空港では、これまでにも様々なロボット技術の導入や実証試験してきており、CYBERDYNEのロボットスーツ HALR作業支援用(腰タイプ)は、2015年9月よりさまざまな作業補助に活用している。
《防犯システム取材班/小池明》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 外食産業の生産性向上~エヴァンジェリストからの提言(前編)

    外食産業の生産性向上~エヴァンジェリストからの提言(前編)

  2. ドローンの活用範囲が拡大/資材運搬や高圧線架設にも応用/最大の需要はインフラの点検

    ドローンの活用範囲が拡大/資材運搬や高圧線架設にも応用/最大の需要はインフラの点検

  3. ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

    ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  4. 売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?(続編)

  5. 大林組、AI活用技術の開発体制強化/AIやIoTで生産性を向上

  6. ■ニュース深堀り!■集客に成功するSNSの正しい使い方

  7. 山梨市を巨大“実験場”に、ブドウ園に環境センサー、果樹ICT化構想スタート!

  8. ~ITで強い商店街を作る:3~今どきの商店街のO2O戦略

  9. 食と安全が生んだエームサービスの健康経営

  10. 自航式多目的船「オーガスト・エクスプローラー」が竣工、海洋開発工事参入へ弾み

アクセスランキングをもっと見る

page top