【インバウンドEXPO:3】体験型+VR集客が成功の方程式に 画像 【インバウンドEXPO:3】体験型+VR集客が成功の方程式に

イベント

【記事のポイント】
▼体験型コンテンツの集客にはVRプロモーションが有効
▼VRは特に地方でインパクトのあるプロモーションに
▼注目は無料WiFiを利用した「プッシュ型PR」


 東京オリンピックに向けてインバウンド対策が騒がれている中、訪日観光客に向けたコンテンツの準備を進めている事業者も多いだろう。とはいえ、インバウンドビジネスが広がりつつある中では、新規参入しても、数ある商品・サービスのひとつとして埋もれてしまう可能性がある。

 では、どうすれば訪日観光客の目を引くようなプロモーションができるのか? そのヒントを訪日外国人向けビジネスの展示会「インバウンドEXPO2016」に探ってみた。

■体験型コンテンツのPRに最適なのがVR

 この展示会は東京国際展示場で開催された「ツーリズムEXPOジャパン2016」の会場内で行なわれたもの。当日はいくつかのブースで、インバウンド向けビジネスについての展示が行なわれていた。その中でも特に賑わいを見せていたのが、JTBプランニングネットワークのブースだ。

 JTBグループ内でも特にプロモーションを手掛ける同会社では、その具体的な手法についての展示やデモを実施。中でも、今後注目のソリューションとして取り上げられていたのが“VR”だ。会場ではプロモーション映像のデモが行なわれ、店舗内や店までへの道順などが360度映像で紹介されていた。

「当社でもスマホで再生できるVRアプリも用意していますが、事前に“体験”したいという訪日観光客は確実に増えると思います」

 同社の向頭氏によると、インバウンド需要が体験型へとシフトしていく流れに、VRはうってつけのソリューションだという。旅行の計画を立てるにあたって、やはり気になるのが観光コンテンツの“当たり”と“はずれ”だ。口コミなどで評判を調べても、実際に自分が行って楽しめるとは限らない。「行ってみたらこんなに小さかった」という某有名な観光名所もある。

 しかし、VRであれば観光コンテンツを行く前に仮想体験できる。視聴に必要なヘッドマウントディスプレーについても価格は下がっており、会場で参考出展されていた紙製の簡易VR機は1500円前後。海外でも急速な普及が見込まれている。VRを使った動画やホームページはまだ少ないため、特に地方ではインパクトのあるプロモーションになりそうだ。

《関口賢/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

イベント アクセスランキング

  1. 【HCJ2017:1】生産性とおもてなしを両立するICTとは?

    【HCJ2017:1】生産性とおもてなしを両立するICTとは?

  2. 【インバウンドビジネス総合展:2】ベンチャーが考える集客術

    【インバウンドビジネス総合展:2】ベンチャーが考える集客術

  3. 【ギフト・ショー】セブ島の「竹」を使った電源不要のスマホ用スピーカー

    【ギフト・ショー】セブ島の「竹」を使った電源不要のスマホ用スピーカー

  4. 「いきなり!ステーキ」、客離れを取り戻した戦略とは?

  5. 【イーコマースEXPO:1】 BtoB-ECで営業の効率化を実現!

  6. 地球温暖化が今後のビジネスに与える影響……池上彰が分かりやすく解説

  7. 【ウェアラブルEXPO】シャープの超小型レーザープロジェクター、IoT時代の埋め込みデバイスに

  8. 【次世代農業EXPO】農業求人専門のサイト「あぐりーん」

  9. 信州で持続可能な林業への挑戦、カラマツの間伐材を外壁パネルに

  10. ドローンビジネスの可能性とは!? 26日にドローンDay開催

アクセスランキングをもっと見る

page top