建設業向けの新たなクラウドサービス、BIMデータを3DCGに自動変換 画像 建設業向けの新たなクラウドサービス、BIMデータを3DCGに自動変換

IT業務効率

 オートデスクは、建設業向けに新たなクラウドサービスの提供を始める。BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)ソフトウエア「Autodesk Revit」のBIMデータから、バーチャルリアリティー(VR)などに使える3次元(3D)インタラクティブコンテンツを簡単な操作で作成できるようにする。従来は専門業者に委託していた作業を不要にし、設計者が自分で行えるようになるという。
 建物の外観や内部の情報をプロジェクトの関係者と共有したり、施主や利用者に説明したりする場合、3Dのコンピューターグラフィックス(CG)が使われるケースが少なくない。CGの作成は外注するのが一般的で、時間と費用がかかる点が課題となっている。
 新サービス「Autodesk LIVE」は、Autodesk Revitアドインソフトウエア、クラウドサービス、Autodesk Live Editor、Autodesk Live Viewerで構成する。
 Revitからワンクリックで3DCGに変換できるのが特徴で、開発を手掛けた技術営業本部の宋明信氏は「何日もかかっていた作業が数分で行えるようになる。設計者が自分でできるメリットは大きい」と話す。
 制作したコンテンツは、建物の外観や内部を実際の建物のように表示し、見た目やスケール感を確認できる。車いす利用者や高齢者、子どもの利用を想定し、視点の高さを変えて内部を移動しながら、障害物の有無や扉の動きの安全性を検討することもできる。
 このほか、季節ごとに気象条件を変え、太陽光が窓からどこまで差し込むかを確認して照明の量を検討したり、人や植物の3Dデータをコンテンツ内に配置して人の流れや視線に入る風景を確認したりすることもできる。
 BIMデータが含まれるため、より質の高いレベルの情報共有を実現し、業務効率と作業品質の向上につながる。ヘッドマウント・ディスプレーなどVR機器で見ることも可能で、設計コンペやマンションのモデルルームなどでのプロモーションに役立ててもらう。
 今月下旬に同社オンラインストアで販売を開始する。1カ月の使用料は1ライセンス当たり5000円で、クラウドの使用回数は無制限。Autodesk Live Viewerは無料で提供する。

オートデスク/新クラウドサービス開始/BIMデータを3DCGに自動変換

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

    ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  2. 自治体・企業向けのビーコン安否確認システム――YCC情報システム、デンソーの共同開発

    自治体・企業向けのビーコン安否確認システム――YCC情報システム、デンソーの共同開発

  3. 【今流スマホ予約・前編】“スマホ→即予約”が外食を変える!?

    【今流スマホ予約・前編】“スマホ→即予約”が外食を変える!?

  4. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

  5. 売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?(続編)

  6. 国交省、i-Con推進へロゴマーク作成/変わる現場の魅力発信

  7. 中国でロボット導入が過熱! 6万人を置き換える工場も!

  8. 日建連意見交換会/工事現場業務の効率化を推進

  9. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  10. ネットとデジカメが変えた学校行事の写真販売――売上3倍

アクセスランキングをもっと見る

page top