インバウンドEXPO:2/訪日観光客には動画コンテンツを活用せよ! 画像 インバウンドEXPO:2/訪日観光客には動画コンテンツを活用せよ!

イベント

【記事のポイント】
▼動画プロモーションが言葉の壁を越えて客を掴む
▼『旅ナカ』のプロモーションが重要
▼VRは、今後注目のプロモーション媒体となる


 インバウンドを相手に新たなビジネスを検討する上で、大きな課題となるのがプロモーションだ。訪日観光客が喜ぶコンテンツを持っていたとしても、海を越えて認知を広め、国内でも多言語でPRしなければ購買にはつながらない。

 東京国際展示場で開催された「ツーリズムEXPOジャパン2016」では、訪日外国人向けビジネスの展示会「インバウンドEXPO2016」を開催。その中で、インバウンドビジネスにおけるプロモーションの重要さを説くセミナー「IoT思考の訪日インバウンドプロモーション」が実施された。講師を務めたのは、JTBでもプロモーションを手掛けるグループ企業「JTBプランニングネットワーク」の向頭芳仁氏。同氏は「インバウンドには、動画コンテンツを活用せよ」と説く。

■パンフ作成より安価な、スマホ向け“旅ナカ”プロモーション

 インバウンドに向けてのプロモーションには、“旅マエ”“旅ナカ”“旅アト”という3つのフェーズがある。このいずれかのフェーズにおける取り組みで、外国人が日本に来たときの行動が変化するとのことだ。

「従来は『旅マエ』にきっちり情報を得て、旅行の行程もきっちり決まっていることが多かったです。しかし、最近はスマホという持ち運びできる情報端末が登場したため、『旅ナカ』のプロモーションも重要になりつつあります」

《関口賢/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

イベント アクセスランキング

  1. 【日本経営品質賞:2】携帯販売店の人を育てるコンサルタント

    【日本経営品質賞:2】携帯販売店の人を育てるコンサルタント

  2. 【ギフト・ショー】光で固まる特殊なインクを使った3Dペン玩具

    【ギフト・ショー】光で固まる特殊なインクを使った3Dペン玩具

  3. 【VR展:1】バーチャルリアリティでモノ作りは何が変わる?

    【VR展:1】バーチャルリアリティでモノ作りは何が変わる?

  4. スマホでのSNSをいかに集客、購買につなげるか?/販促ワールド

  5. 「ECの課題をまとめて解決!ノウハウセミナー」都内で開催

  6. あの「すなば珈琲」が東京初出店! 崖っぷちお菓子のプロモで

  7. ~MEDTEC Japan 2017:1~ロボットから「見える手術室」まで

  8. ダイバイヤー番組裏トーク|老舗海苔店の脱大分県・PR戦術

アクセスランキングをもっと見る

page top