IBMとNPO、中高生向けIoTの授業プログラムを開発! 画像 IBMとNPO、中高生向けIoTの授業プログラムを開発!

制度・ビジネスチャンス

 日本IBMは14日、特定非営利活動法人 企業教育研究会と、IoTを題材とした中高校生向け授業プログラムを開発したことを発表した。

 このIoTを題材とした授業プログラムは各50分の2時限で構成され、パソコンの画面上では中高生に馴染みやすいように仮想キャラクターが動作し、黒板消しを使った加速度センサーのデモなどが行われる。授業プログラムにはIoTやクラウドに関する説明だけでなく参加型の要素が多く含まれており、IBMのクラウドプラットフォーム「Bluemix」を利用したアプリ開発の体験が行えるようになっている。

 同社は社会貢献活動の中でキャリア教育支援として、これまでにも15校以上の中学校向け授業を実施している。千葉大学、静岡大学、兵庫県立大学を基盤として活動するNPOの企業教育研究会とは2008年以降、学校向け授業開発を共同で開発しており、今回が第2弾となるIoT授業では対象を高校生まで広げている。

IoTの未来の担い手を育成!IBMとNPO法人が中高生向けIoTの授業プログラムを開発

《防犯システム取材班/小池明》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. ■ニュース深堀り!■成功する空き家と古民家の再利用ビジネス

    ■ニュース深堀り!■成功する空き家と古民家の再利用ビジネス

  2. ~あたらしい訪問型ビジネス:1~老人ホームが薬局の“顧客”になる日

    ~あたらしい訪問型ビジネス:1~老人ホームが薬局の“顧客”になる日

  3. 野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

    野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

  4. 「道の駅」から始まる自動運転、必要な2つのニーズとは?

  5. 「地中拡幅工法」検討に苦心…関東整備局が民間企業から意見聴取へ

  6. 宮崎県/防災拠点庁舎建設3件入札公告/建築はWTO対象

  7. 【対談】TPPで変わる著作権、アニメや漫画の現場はどう変わる?

  8. 国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

  9. 原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

  10. JR東海のリニア新幹線、川崎市麻生区に都市部トンネル

アクセスランキングをもっと見る

page top