IBMとNPO、中高生向けIoTの授業プログラムを開発! 画像 IBMとNPO、中高生向けIoTの授業プログラムを開発!

制度・ビジネスチャンス

 日本IBMは14日、特定非営利活動法人 企業教育研究会と、IoTを題材とした中高校生向け授業プログラムを開発したことを発表した。

 このIoTを題材とした授業プログラムは各50分の2時限で構成され、パソコンの画面上では中高生に馴染みやすいように仮想キャラクターが動作し、黒板消しを使った加速度センサーのデモなどが行われる。授業プログラムにはIoTやクラウドに関する説明だけでなく参加型の要素が多く含まれており、IBMのクラウドプラットフォーム「Bluemix」を利用したアプリ開発の体験が行えるようになっている。

 同社は社会貢献活動の中でキャリア教育支援として、これまでにも15校以上の中学校向け授業を実施している。千葉大学、静岡大学、兵庫県立大学を基盤として活動するNPOの企業教育研究会とは2008年以降、学校向け授業開発を共同で開発しており、今回が第2弾となるIoT授業では対象を高校生まで広げている。

IoTの未来の担い手を育成!IBMとNPO法人が中高生向けIoTの授業プログラムを開発

《防犯システム取材班/小池明》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  2. お客さまとの距離が近い!年賀はがきのDMが支持される意外な理由

    お客さまとの距離が近い!年賀はがきのDMが支持される意外な理由

  3. 日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

    日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

  4. 今年のクリスマスケーキは、たっぷりのイチゴが魅力!/定番のショートケーキを強化

  5. 2016年の休廃業・解散企業、過去最高の2万9583件。倒産の3.5倍

  6. どうなる?環状第2号線/豊洲移転・築地再開発への疑問やまず

  7. 道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

  8. 国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

  9. 自転車活用法、ビジネスにどう活かす?

  10. なぜスーパーホテルは2度も「日本経営品質賞」を受賞できたのか? その秘密を探る

アクセスランキングをもっと見る

page top