米Uber、自動運転タクシーの路上試験走行開始! 画像 米Uber、自動運転タクシーの路上試験走行開始!

IT業務効率

 米配車サービス大手Uber Technologiesは現地時間14日、公式ブログを更新し、ペンシルバニア州ピッツバーグの路上で、自動運転車の試験走行を開始したと明かした。

 ピッツバーグのユーザーが、Uberアプリを利用して配車依頼をかけた場合、ランダムで自動運転車版 Uber車両が、セーフティドライバー同乗のうえ、迎えに来てくれる。

 Uberは、自動運転タクシーの導入目的について、交通事故数の低減や、駐車スペースの混雑緩和、渋滞の解消などをあげた。自動運転タクシーの普及は、雇用の喪失につながる懸念もあるが、同社は、質の高い交通に対する需要が急激に高まっており、人間によってのみその要求に見合うサービスが提供できるとしている。

 なお、世界初の自動運転タクシーの試験走行は、米スタートアップnuTonomyが一足早く、今年4月からシンガポールで開始している。

Uber、自動運転タクシーの路上試験走行を米ピッツバーグでスタート!

《Tsujimura》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

    サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

  2. ~シェア経済が生む新ビジネス:1~バッグを共有する世代の登場

    ~シェア経済が生む新ビジネス:1~バッグを共有する世代の登場

  3. 【スマート林業:2】経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

    【スマート林業:2】経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  4. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  5. 【スマート林業:1】最先端テクノロジーで未来志向へ

  6. ~自社システムを外販する:1~VRギャラリーを不動産業に転用!

  7. サービス業のIT利用最前線!:1  老舗旅館がタブレットで変革

  8. 道の駅などを拠点とする自動運転サービスの実証、今夏に全国10カ所で実施

  9. 営業車の動態管理、安全運転支援のためLTEモジュール内蔵のミラー、パイオニアが開発

  10. アメリカから考える日本版シェアリングエコノミーの未来:後編

アクセスランキングをもっと見る

page top