カープの優勝祝いで、ダリア新品種「鯉華」登場! 画像 カープの優勝祝いで、ダリア新品種「鯉華」登場!

制度・ビジネスチャンス

 広島県世羅町の農事組合法人・世羅高原農場の観光農園に、25年ぶりのプロ野球セ・リーグ優勝を果たした広島東洋カープにちなんだダリア新品種「鯉華(こいばな)」が登場した。秋田県の育種家から命名権を得た。10月23日まで同農場で開く「秋のダリア祭2016」で公開している。期間中は約6万人の来場を見込む。

 同農場は西日本最大の約450品種、2万5000株のダリアを観賞できる。「鯉華」は、カープカラーと同じ深紅で直径10センチほどの中輪。代表の吉宗誠也さん(39)が「輪がきれいで威厳を感じる。威風堂々としていてカープのイメージに合う」と以前から優勝を見越して命名権を取得していた。農場スタッフから名前を募り、華々しい優勝の喜びを表現した。

 また、同農場ではダリアの赤系3品種も展示し、10月1日まで名前を募集している。既に「カープ優勝」「鯉の誉」「丸」など、優勝や選手にちなんだ名前が寄せられているという。

■この記事の「英字版」はこちらをクリックしてください。

ダリア「鯉華」登場 カープの優勝祝い 広島県世羅町

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

    野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

  2. 道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

    道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

  3. 成功する新業態:01|月2000円で飲み放題のコーヒースタンド

    成功する新業態:01|月2000円で飲み放題のコーヒースタンド

  4. ~あたらしい訪問型ビジネス:2~美容サロンが育児ママを救う!

  5. ~規制緩和が生む新観光業:3~高単価ガイドツアーが売れる理由

  6. 中間階免震対応の工事用エレベーター実用化/竹中工務店

  7. 全建総連が16年度標準賃金目標を決定。1日2万6000円で東建に申し入れ

  8. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  9. 豆腐業界が初の定義、大豆10%以上「とうふ」/「品質」明確に安売りを防止

  10. 国交省が指名停止期間中の工事下請禁止ルール解釈を明確化、元請への資材販売は可能

アクセスランキングをもっと見る

page top