インバウンドEXPO:1/訪日リピーター獲得へ3つのポイント 画像 インバウンドEXPO:1/訪日リピーター獲得へ3つのポイント

イベント

【記事のポイント】
▼訪日客の6割がリピーターのため、これまでになかった付加価値を
▼体験型サービスは、浴衣レンタルなど身近なものから
▼国別の訪日ピーク時期を見極めて、サービスを提供


 地方や中小規模の事業者は、インバウンドに対してどう取り組むべきか? 東京国際展示場で開催された「ツーリズムEXPOジャパン2016」では、訪日外国人向けビジネスの展示会「インバウンドEXPO2016」を開催。会場ではアジアを拠点にSEM(検索エンジンマーケティング)サービスを行なうアウンコンサルティングが、「ニーズの変化した訪日客にささるプロモーション~地方が狙うべきリピーターの獲得~」というセミナー講演を行なった。

■訪日客の6割がリピーター、需要はより付加価値を求めた旅行サービスへ

 日本におけるインバウンドは、4分の3が中国、韓国、台湾というアジア圏からの訪日が占める。このうち、中国からのインバウンドでは“爆買い”のイメージが強いが、同セミナーの講師を務めた坪宏昭氏によれば、「もう“爆買い”の時代は終わった」という。そこで注目すべきがリピーターへの対策だ。

 近年ではインバウンドが急増したこともあり、訪日客の6割がリピーターとなっている。初めての訪日では爆買いをした彼らが、2回目以降に同じものをまた買い求めるとは考えにくい。高額商品となれば、特に購買意欲は下がるだろう。そこで注目されているのが、体験型サービスだ。

 セミナーではその一例として、カラオケボックス「パセラリゾーツ」が提供している浴衣体験会などが紹介された。中でも、北海道の「うたのぼりグリーンパークホテル」では、タイ人にターゲットを絞って、寿司握り、餅つきなどの体験サービスを提供。10年の280人から、15年には1500人までタイからの宿泊客が増えたという。

《関口賢/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

イベント アクセスランキング

  1. 「競合しない」経営を目指せ!森永卓郎氏が語る「中小企業の今後」

    「競合しない」経営を目指せ!森永卓郎氏が語る「中小企業の今後」

  2. デジタルサイネージで集客を確かなものにする!

    デジタルサイネージで集客を確かなものにする!

  3. 【CHOフォーラム】企業価値向上に向けたCHO構想の実践

    【CHOフォーラム】企業価値向上に向けたCHO構想の実践

  4. “2S改善マラソン”が製造業の成長に~島根ものづくり工場管理実践塾

  5. 「鳥取だから」できた医療シミュレーターロボット/テムザック技術研究所

  6. 医療現場で活用されるVR、その最先端/国際モダンホスピタルショウ

  7. 働き方改革のカギ「テレワーク」、導入はいま!/ワークスタイル変革EXPO

  8. 【ギフト・ショー】光で固まる特殊なインクを使った3Dペン玩具

  9. スマホでのSNSをいかに集客、購買につなげるか?/販促ワールド

  10. ~HCJ2017:1~生産性とおもてなしを両立するICTとは?

アクセスランキングをもっと見る

page top