みずほ銀行とソフトバンク、AI活用で個人向け融資会社新設! 画像 みずほ銀行とソフトバンク、AI活用で個人向け融資会社新設!

IT業務効率

 みずほ銀行とソフトバンクは15日、ITと金融の融合FinTech(フィンテック)を活用した、個人向け融資サービスを提供する合弁会社を設立することで合意したと発表した。

 個人が融資(ローン)を受ける場合、一定の与信審査を受ける必要がある。そこでは、ユーザーから得た年収や勤務先、持ち家や扶養家族の有無などさまざまな基礎情報のほかに、CICをはじめとした外部信用機関の情報が活用されている。ただ、従来型の審査では、定職の有無や、勤務先の規模、クレジットヒストリーや、年収情報が重視されがちで、高い金利を提示されたり、融資枠が少なかったりと、厳しい条件が強いられてきたことも少なくない。

 そこで、両社は互いの強みであるAIやスマートフォン、ビッグデータを活用することで、借り入れ主の評価をより正当なものとし、低い金利条件や、十分な融資枠を設ける考えだという。

 新会社では、従来型の審査を改め、ビッグデータとAIを活用した国内初の「スコア・レンディング」が導入される。同サービスは、スマートフォンの専用アプリ上で行うことができ、スコアや借り入れ条件は、いつでも確認が可能。ユーザーが追加で情報を入力することより、さらにスコアアップを目指すことができる。

 合弁会社の資本金は50億円で、両社が50%ずつ出資する。事業開始は、2017年前半が予定されている。両社は新会社で、日本No.1のレンディング企業を目指すとしている。

みずほ銀行とソフトバンク、AIなどを活用した個人向け融資会社を新設へ

《Tsujimura》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. カナモトら3社、建機の人型操作ロボット開発! 危険地域でも作業可能に

    カナモトら3社、建機の人型操作ロボット開発! 危険地域でも作業可能に

  2. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:3

    サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:3

  3. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

    サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

  4. ファブ施設での農業関連利用が広がる、1日数千円で3Dプリンターやレーザー加工機など

  5. 「大量積載化」「自律化」進む、ドローンの産業活用最前線!

  6. 【VRと中小企業:4】鋳物職人の五感を継承する最先端OJT

  7. 「業種エリア特化型」ポータルサイト運用サービス、大手メディア対抗として全国展開

  8. 全天候型ドローン+超高感多目的カメラで災害時の情報収集

  9. 首都高速会社、IoTやAIの活用でインフラ管理を高度化。外販でフィービジネスも

  10. 都市ごみからのエネルギー回収システム確立

アクセスランキングをもっと見る

page top