リニア新幹線に向けて回転水平多軸式連続壁機を開発! 画像 リニア新幹線に向けて回転水平多軸式連続壁機を開発!

IT業務効率

 ボーリング用機器・掘削機械の製造・販売を手掛ける東亜利根ボーリング(東京都港区、伊藤春彦社長)は、地中連続壁を構築する回転水平多軸式連続壁機「CMX-SE」=写真=を開発した。リニア中央新幹線の建設工事を見据えて開発した新型機。起点となる東京の品川駅や名古屋駅での大深度工事を想定し、狭い地下空間での施工や移動の自由度を高めた。1号機はケミカルグラウトが購入した。
 CMX-SEは掘削機本体とベースマシンで構成。機械高は5・1メートルと低空頭での施工が十分可能な設計となっている。狭い場所での施工の自由度を高めるため、ベースマシンによる旋回に加え、掘削機本体の回転角度を90度まで調整できるようにした。これにより、掘削箇所をベースマシンがまたいで掘削する「またぎ施工」を可能にした。
 狭い場所での移動性能を高めるため、「4点油圧ジャッキ」を新たに装備。機械がその場で走行方向を自由に変えられるようになっている。掘削するドラムカッターの最大トルクは低空頭対応機の中でも最大級で、掘削効率も向上。分解搬送の際の手間を省く機構を取り入れたことで、現場で機械の組み立てに要する時間を約40%短縮した。
 掘削の垂直精度を管理する角度計も内蔵し、ディスプレーに常時表示することでオペレーターの視認性を改善するなど、操作性能も高めている。
 東亜利根ボーリングによると、2020年東京五輪開催に向けた公共交通施設の整備や再開発事業などに伴い、地中連続壁を用いた工事の増加が見込まれるのに加え、上海やシンガポールなどでも都市部の地下空間利用のニーズが高まりつつあるという。今後、国内外を問わず積極的に新型機を営業展開していく方針だ。

東亜利根ボーリング/回転水平多軸式連続壁機開発/リニア見据え自由度向上

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

    米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  2. ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

    ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  3. VR/ARのトレンドとは? 未来を提示する展示会「CES2017」

    VR/ARのトレンドとは? 未来を提示する展示会「CES2017」

  4. ~地方発ヒット商品の裏側~破綻しかけた老舗旅館を立て直す、IT化が生んだ“おもてなし”の新たな形

  5. 戸田建設らがiPad用内装仕上げ検査システムを開発、入力時の操作性が向上

  6. ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  7. 君津市に全国最大級のドローン飛行場/アイネットら4者、ドローン事業包括受注へ

  8. 清水建設らIoT活用し人モノの動き解析、施設の利用状況を見える化

  9. ~ITで攻めの農業:3~圃場のクラウド管理で一等米を増産!

  10. 外食産業の生産性向上~エヴァンジェリストからの提言(前編)

アクセスランキングをもっと見る

page top