訪日外客数に陰り? 過去最高ながら8月の伸び率は2016年最低 画像 訪日外客数に陰り? 過去最高ながら8月の伸び率は2016年最低

インバウンド・地域活性

日本政府観光局が発表した8月の訪日外客数は、前年同月比12.8%増の204万9000人となり、8月として過去最高となった。ただ、伸び率は今年最低だった。

8月はクルーズ船の寄港増加や航空路線の新規就航・増便に加え、これまでの継続的な訪日旅行プロモーションの効果が訪日外客数の堅調な増加につながった。

市場別では、バカンスシーズンを迎えたイタリアとスペインが単月として過去最高を記録した。加えて、シンガポール、インドネシア、ロシアを除く15市場が8月として過去最高を記録した。

特に中国は単月過去最高となった7月の73万1000人に次ぐ67万7000人を記録した。マレーシア、インドネシア、ベトナム、カナダは20%を超える伸びとなった。

2016年1月からの累計は1606万人と、前年より2カ月前倒しで1500万人を超えた。

8月の出国日本人数は同10.4%増の182万5000人と3カ月連続で前年を上回った。

訪日外客数に陰り? 過去最高ながら伸び率は2016年最低 8月

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

    <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

  4. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  5. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  6. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  7. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  8. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  9. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  10. 都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

アクセスランキングをもっと見る

page top