【時事エッセイ】バンコクで発見した、日本発インフラのクオリティ 画像 【時事エッセイ】バンコクで発見した、日本発インフラのクオリティ

海外進出

 滞在中のタイ・バンコクの交通渋滞は世界的にも有名だ。夕刻のラッシュ時はもちろん、ひとたびスコールの大雨が降った後などはたちどころに渋滞が発生し、少しの移動にも多くの時間を割かれる▼それでも、1990年代の深刻な状況を知る人からすると、現状はかなり改善したとされる。その大きな理由の一つが鉄道網の整備。街中を走る地下鉄は、料金の高さから当初は利用者がいないのではと心配されたそうだが、市民の生活の足としてしっかりと根付いている▼滞在中に何度か利用し、その便利さを実感した。今も全線高架のプロジェクトが進行中で、この事業に関与する大手コンサルタント会社のトップの話を聞く機会があった▼工事は、分割された工区で中国勢と日本勢を競わせるように同時並行で進められている。「日本勢はイニシャルコストで劣るが、技術力に優れ、効率性が高く、長持ちする」。それが現場を見ても分かるそうだ▼海外プロジェクトでは日本の高コストがしばしば指摘される。安倍政権が掲げる「質の高いインフラ」は、実践の中で実感してもらうことが何より重要なようだ。

回転窓/海外で「質の高いインフラ」を思う

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

    マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  2. 自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

    自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

  3. インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

    インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

  4. 高成長を続ける中古車輸出、2017年の展望は?

  5. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  6. 日本方式採用のインド新幹線、総事業費約1.8兆円/オールジャパン体制で事業推進

  7. 三井住友建設によるベトナム初の都市鉄道建設工事、総額227億円

  8. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  9. ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

  10. 本日の新聞から:キーレス車は危険? 北米でメーカーを提訴

アクセスランキングをもっと見る

page top