~社内コミュニケーションの秘訣~社歌はジョニー・B・グッド! 画像 ~社内コミュニケーションの秘訣~社歌はジョニー・B・グッド!

人材

 時代を生き抜く強い中小企業とは何でしょう? 素晴らしい商品やサービスはもちろんですが、そこにいたる会社のなかでの社員同士のコミュニケーションが、本当は一番大切なのかもしれません。仲間と笑い合える中小企業が、今元気です。「小さい」「予算がない」「時間が足りない」といった悪条件を、彼らはどんな発想で乗り越えていったのか? 明るく楽しい会社やリーダーの活動から、解き明かしていきます。第二回は、中小企業の聖地、東京・墨田区の「島田商店」の嶋田淳社長です。第一回で登場したエサキヨシノリさんとの「社歌ライブ」を通して社内がどう変わっていったのか? その秘訣に迫ります。

◆第二回 嶋田淳さん(40歳)◆
株式会社島田商店代表取締役社長。大学卒業後、渡米NYへ。学位取得の最中に9.11.のテロに遭い緊急帰国。その後株式会社島田商店環境事業部の配送・製造係りを経て営業部へ。2008年取締役に就任。2010年社内改革を開始、新規事業を始め5年で社内売上2位に。2015年7月に代表取締役に就任。島田商店は1928年に嶋田さんの祖父が創業。現在は事業の9割が水・空気・土壌に関するケミカル溶液の製造・販売・配送である。

■社員研修としての社歌ライブ。社長は一切の口出しをやめた

――どのような経緯で社歌ライブをすることになったのですか?

嶋田 知人の経営者を通してエサキヨシノリさんを紹介されたことがきっかけです。「企業の研修を目的に、社内でライブをさせてくれるところを探している人がいる」と聞きました。オプションで社歌も作ってもらえるとのことだったので、これ幸いとお願いしたんです。ほとんどの中小企業同様、うちには社歌がありませんでしたから。

 社歌はどんなことを伝える曲にしたいか、エサキさんに思いを伝えてオリジナル曲を作ってもらいました。校正は一切なしです(笑)。だから完成するまでどんな社歌になるのかまったくわからない。なかなかスリリングでした。

 社歌ライブ(「PASSION FACTORY LIVE TOKYO @島田商店」)の実施は半年前に社員に伝えたのですが、ほとんどの社員がドン引きしていました。だから一旦「忘れてくれ」と言って(笑)。1カ月前にライブの準備を始めるようお願いしました。

 準備を始めるまで、社長はいったい何を考えているのだ? 何をさせたいんだ? って、顔をしていましたが、今回のライブは研修の一環ですから準備活動はすべて社員に任せました。僕は一切口出ししないことにして、リーダーの選任だけをしたんです。どうなることかと思いましたが、結果的によくまとまって素晴らしいステージを作ってくれました。舞台も黒幕も全部工夫して手作りしてくれたんですよ。椅子もぴっしりきれいに並べて。大したものでしょう。

――しかし業績が堅調だった島田商店が、なぜ社歌ライブという名の研修を必要としたのでしょうか。

嶋田 ちょうど5年間かけて会社の改革を図っていた時期の最終期だったんです。確かに島田商店の業績は堅調だったけれど、その分社員が慢心して電話にちゃんと出なかったり、挨拶がおざなりになっていたりしていました。これは5年くらいで変えないと会社が潰れるぞと思ったんです。

 そのころ、すでに労働評価の改革や組織構築の改革は済んでいました。年功序列をやめて評価基準を明確化したり、新卒の社員をたくさん雇ったり。社長の私も公平に評価を受けようとリーダーに評価付けをされていたんですよ。

 でもあと少し、何かみんなをとりまとめてモチベーションを上げる仕組みが必要だった。そのタイミングで持ち上がったのが社歌ライブの話だったんです。

《大川祥子/ライター》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. ~社歌に出会う旅2~地元密着ビジネスにみる社歌の新活用法/地域や関係者との絆づくりに

    ~社歌に出会う旅2~地元密着ビジネスにみる社歌の新活用法/地域や関係者との絆づくりに

  2. 国交省、建設業女性の入職や定着支援/中小企業経営者向けにワークショップも

    国交省、建設業女性の入職や定着支援/中小企業経営者向けにワークショップも

  3. 社員が見た社長の評価! 社長の自己評価と大きな差が

    社員が見た社長の評価! 社長の自己評価と大きな差が

  4. 新人研修で農業体験! NPO活動から生まれた農業研修プログラム

  5. 儲かっている会社=信頼関係のある会社

  6. 旅館業の人材不足をどう解決すればいいのか?(第1回 状況編)

  7. 日事連/設計事務所の働き方改革へ検討着手/AI、BIM普及見据え将来像

  8. スマホでいつでもどこでもできる「U・Iターン」とは?

  9. ヤマト運輸、和歌山電鐵でも客貨混載輸送/ドライバー不足解消、空きスペース活用

  10. NHKドラマ『マチ工場のオンナ』 事業承継を克服する姿に希望を見出す

アクセスランキングをもっと見る

page top