【時事エッセイ】現場の生産性2割向上。i-Conのすすめ 画像 【時事エッセイ】現場の生産性2割向上。i-Conのすすめ

IT業務効率

 明治時代に初編が発行されて以来9年間で70万冊も売れた本がある。当時の「大ベストセラー」と齋藤孝明治大学文学部教授が書いている。明治の偉人・福澤諭吉が著した『学問のすすめ』がそれ▼『現代語訳 学問のすすめ』(齋藤孝訳、ちくま新書)を読むと、その内容が多岐にわたることに驚く。福澤は学問の意義を説きながら、人生設計や判断力などについても記述している。長年にわたり多くの人に読まれてきた理由かもしれない▼今週12日、政府が開いた未来投資会議で、建設現場の生産性革命が打ち出された。具体的な推進策は「i-Construction」。現場の生産性を2025年度までに2割向上させる目標も示され、今後はさながら国を挙げた“i-Conのすすめ”が本格化する▼運用上の細かなルールづくりに加え、中小企業も取り組みやすい環境をどう整備していくのか。いずれも建設生産性革命の実現には欠かせない▼もともと分冊で発行された『学問のすすめ』全17編がそろったのは140年前の1876年。“i-Conのすすめ”も息の長い取り組みとなって実効を上げてほしい。

回転窓/i-Conのすすめ

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 大林組、AI活用技術の開発体制強化/AIやIoTで生産性を向上

    大林組、AI活用技術の開発体制強化/AIやIoTで生産性を向上

  2. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

    大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  3. サービス業のIT利用最前線!8 子どもの表現をITで助ける/あすみ福祉会

    サービス業のIT利用最前線!8 子どもの表現をITで助ける/あすみ福祉会

  4. デジタルものづくりの展示会「メイカーズバザール大阪」開催

  5. 鹿野川ダムリニューアル、水中作業の機械化で潜水士の作業を大幅減

  6. 日本企業もアノニマス対策が急務? 日産がDDoS攻撃

  7. 時事エッセイ/ドラクエ30周年で思うAIの未来

  8. AR応用し水中作業をリアルタイムで可視化、東亜建設工業が開発

  9. 脱炭素モデルタウン構築へ、エネルギー分野での実証を開始

  10. 小ロット製造業を形に……学生ベンチャーが3Dプリンタによる一眼向けカメラレンズを製品化

アクセスランキングをもっと見る

page top