東京・豊洲「千客万来施設」、6街区を整備 画像 東京・豊洲「千客万来施設」、6街区を整備

インバウンド・地域活性

 東京都の豊洲市場(江東区豊洲6)の隣接地で万葉倶楽部を代表としたグループが計画している大型商業施設「千客万来施設(6街区)」の施工者が明らかになった。木造部分の施工を石井工務店(静岡県熱海市)、その他の部分を五洋建設がそれぞれ担当する。設計は万葉倶楽部の設計部門が担当。17年1月に着工する予定。敷地の液状化対策を実施した後、本体工事に移る。築地市場の移転が延期となり、移転先である豊洲市場も11月7日の開場が中止となったが、千客万来施設の整備は計画通り進める。
 千客万来施設は、豊洲市場の建設地のうち青果棟がある5街区と、水産仲卸売場棟がある6街区に整備する大型商業施設。都は14年2月に飲食店「すしざんまい」を展開する喜代村を代表とするグループを整備・運営事業予定者に選定したが、喜代村側が採算確保が難しいことなどを理由に辞退。都は6街区を先行整備する方針に変更し、再公募を行った。3月に万葉倶楽部グループを事業予定者に決め、6月に基本協定を交わした。
 6街区の千客万来施設の整備事業は、▽商業▽温泉・ホテル-の2ゾーンに分けて進める。都によると、現在は17年1月の着工に向け、施設設計、関係機関との協議、工程の精査などを行っているという。
 商業ゾーンの施設は地下2階地上3階建て延べ1万9200平方メートルの規模。江戸の街並みを再現した飲食・物販店舗などを展開する。温泉・ホテルゾーンの施設規模は地下2階地上10階建て延べ2万2700平方メートル。24時間営業の温泉・ホテルなどで構成する。
 築地市場の移転延期の影響について、都は「整備スケジュールに変更はない」としている。当初計画通り18年8月に商業ゾーン、19年8月に残る温泉・ホテルゾーンのオープンを目指す。
 5街区の千客万来施設の建設予定地については、18年7月までイベントスペースなどとして暫定活用する方針。同街区での千客万来施設の整備スケジュールはまだ決まっていない。

万葉倶楽部ら/千客万来施設6街区整備(東京都江東区)/施工は石井工務店と五洋建設

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

    狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  3. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

    造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  4. 神奈川大学「みなとみらいキャンパス」、街と大学がつながる都市型を構想

  5. 【田舎にもっと外貨を!:2】日本中に自分の故郷を作るプロジェクト

  6. 阪神なんば線淀川橋梁の改築計画案。現橋西側に新橋梁を整備

  7. 【地方創生】課題は人材不足、住みやすさで地元を活性化……金沢市 山野市長

  8. 中野駅ビル計画、見直し検討へ?

  9. 名古屋市、リニア駅周辺まちづくりの方向性案公表/“広場”が中心にあるまち

  10. 中野区「区役所・サンプラザ地区」はどう変わる?

アクセスランキングをもっと見る

page top