函館駅前市有地等整備事業、最優秀提案は大和ハウス工業 画像 函館駅前市有地等整備事業、最優秀提案は大和ハウス工業

インバウンド・地域活性

 北海道函館市は1日、「函館駅前市有地等整備事業プロポーザル」の最優秀提案者を大和ハウス工業に決めた。同社の提案によると、JR函館駅前の市有地などに総延べ約1万3000平方メートルのホテルや商業施設を整備する。設計・施工は市内の業者が行う予定。17年3月~18年3月の間に着工し、19年5月の開業を目指す。
 提案によると、整備する施設はRC造13階建て延べ1万2234平方メートルのホテル・サービスアパートメント(SA)と、S造平屋1221平方メートルの店舗棟の2棟で構成。
 宿泊施設は函館を拠点とした広域観光や長期滞在に対応した施設とする。
 店舗棟には土産物販売店や函館の食材を使ったレストランなどを誘致する。
 2棟には交流広場を設け、駅前広場と連携したイベントが開催できるようにする。このほか142台分の駐車場と228台を収容する公共用駐輪場を設ける。
 これらの施設は▽土地開発公社所有地(若松町43の5、敷地面積6352平方メートル)▽市有地(若松町43の6、431平方メートル)▽JR北海道所有地(若松町43の7、3103平方メートル)-の三つの敷地を一体的に活用して整備する。土地開発公社所有地は市が取得する予定。
 大和ハウス工業は店舗棟の外観デザインを日本家屋風としているが、市は同社に対し函館のイメージに合致するような外観での再提案を求めた。再提案での契約締結は早ければ10月ころになる見込みだ。

北海道函館市/函館駅前市有地等整備事業/最優秀提案は大和ハウス工業

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

    ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  4. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  5. 殿町「羽田連絡道路」が起工、国際競争力の強化に期待

  6. リニア新幹線、地下へ地下へと深く潜る?

  7. 宮崎県で農林水産業へのICT活用を語るシンポジウム開催

  8. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  9. みなとみらい21の大規模複合ビル計画、JR横浜駅からペデストリアンデッキで接続

  10. 佐賀唐津道路「多久市~佐賀市」の都市計画決定が告示

アクセスランキングをもっと見る

page top