函館駅前市有地等整備事業、最優秀提案は大和ハウス工業 画像 函館駅前市有地等整備事業、最優秀提案は大和ハウス工業

インバウンド・地域活性

 北海道函館市は1日、「函館駅前市有地等整備事業プロポーザル」の最優秀提案者を大和ハウス工業に決めた。同社の提案によると、JR函館駅前の市有地などに総延べ約1万3000平方メートルのホテルや商業施設を整備する。設計・施工は市内の業者が行う予定。17年3月~18年3月の間に着工し、19年5月の開業を目指す。
 提案によると、整備する施設はRC造13階建て延べ1万2234平方メートルのホテル・サービスアパートメント(SA)と、S造平屋1221平方メートルの店舗棟の2棟で構成。
 宿泊施設は函館を拠点とした広域観光や長期滞在に対応した施設とする。
 店舗棟には土産物販売店や函館の食材を使ったレストランなどを誘致する。
 2棟には交流広場を設け、駅前広場と連携したイベントが開催できるようにする。このほか142台分の駐車場と228台を収容する公共用駐輪場を設ける。
 これらの施設は▽土地開発公社所有地(若松町43の5、敷地面積6352平方メートル)▽市有地(若松町43の6、431平方メートル)▽JR北海道所有地(若松町43の7、3103平方メートル)-の三つの敷地を一体的に活用して整備する。土地開発公社所有地は市が取得する予定。
 大和ハウス工業は店舗棟の外観デザインを日本家屋風としているが、市は同社に対し函館のイメージに合致するような外観での再提案を求めた。再提案での契約締結は早ければ10月ころになる見込みだ。

北海道函館市/函館駅前市有地等整備事業/最優秀提案は大和ハウス工業

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

    成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  5. ■ニュース深掘り!■DMOの課題は予算、その対応は?

  6. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  7. ~着地型観光:1~外国人ウケする着地型観光のはじめ方(前編)

  8. 農業ベンチャーによるオールLED野菜工場、「富士ファーム」が今夏からフル稼働

  9. 大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

  10. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

アクセスランキングをもっと見る

page top