三信建設工業が多扇形高圧噴射攪拌工法を開発、経済面や環境面に効果 画像 三信建設工業が多扇形高圧噴射攪拌工法を開発、経済面や環境面に効果

IT業務効率

 三信建設工業は、異なる径の扇形を組み合わせた多扇形の改良体を構築する高圧噴射攪拌(かくはん)工法「マルチファン工法」を開発した。従来工法では円柱だった改良体を大小の扇形の組み合わせに変えることで、壁状の地盤改良を行う際に無駄な改良を抑え、より経済的で環境に配慮した施工を可能にした。同社では格子状配置による地盤の液状化対策を中心に積極的に提案していく考えだ。
 高圧噴射攪拌工法は、壁状の地盤改良によって地中に格子壁を構築して地盤の液状化を抑止する耐震補強への適用が増加している。従来工法では円柱状の改良体を重ねて改良体の壁を形成するため、必要な壁体部以外の余分な部分が多かった。
 マルチファン工法は、同社らが開発した地盤改良工法で、大口径の改良体を高速で造成できるV-JET工法をベースに開発された。回転制御機構を持つ専用の施工機を使用し、先端噴射装置の回転速度を変える形で回転角に応じて回転周期を断続的に変化させ、改良体の造成径をコントロールする。
 扇の直径は、低速回転で作る大径部で4メートルを基本とし、高速回転による小径部は有効壁厚に応じて使い分ける。大小の扇形を組み合わせた多扇形の改良体とすることで無駄な改良部が減少するため改良面積が小さくなり、材料費や施工費、廃泥液処理費が縮減されるなどの経済面と、工期短縮に効果がある。改良壁内を掘削する際の掘削殻も抑制され、環境にも配慮した工法となる。
 実大試験では、一般的な円柱改良体による壁状改良と比べた硬化剤使用量や排泥液処理量は、有効壁厚1メートルで施工した場合は50%、1・5メートルは35%、2メートルは25%低減されることが確認された。
 格子状配置による地盤の液状化対策や壁状配置による遮水壁や土留め欠損部の防護、底盤改良での改良体の効率的配置などさまざまな地盤改良に適用できる。
 同工法は、ベースとなるV-JET工法を施工するV-JET協会員に施工実施権が認められている。今後は工法の適用拡大を目指し、同協会を通じて技術積算資料の発行や積極的な広報活動を展開する方針だ。

三信建設工業/多扇形高圧噴射攪拌工法を開発/経済面や環境面に効果

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ■ニュース深堀り!■集客に成功するSNSの正しい使い方

    ■ニュース深堀り!■集客に成功するSNSの正しい使い方

  2. ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

    ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  3. ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

    ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  4. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:4

  5. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  6. アメリカから考える日本版シェアリングエコノミーの未来:前編

  7. ~ITで強い商店街を作る:3~今どきの商店街のO2O戦略

  8. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:2

  9. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  10. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

アクセスランキングをもっと見る

page top