【ギフト・ショー秋2016:3】今日できるディスプレイ改善術 画像 【ギフト・ショー秋2016:3】今日できるディスプレイ改善術

イベント

【記事のポイント】
▼ディスプレイ改善の第一歩は“色の持つ役割”を使い分けることから
▼四角い棚の中で目に留まるのは“三角形のレイアウト”
▼ディスプレイは10メートル離れると、その良しあしが分かる


■“商品に接客をさせる”ディスプレイの役割を再認識する

 店頭のディスプレイをちょっと変えるだけで印象が大きく変わる、通行客が足を止めてくれる……。「第82回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2016」のセミナープログラム「通行客が思わず入店する【木内メソッド商品陳列講座】」は、そんなディスプレイの実践的なテクニックにあふれていた。

 講師のキウチ・ビジュアル・アソシエイツ 代表取締役社長 木内勢津子・ハンセン氏は、独自の店頭展示ディスプレイ理論を確立。これまでも西武百貨店、ロフトなど数々の店舗でディスプレイを担当し、販売促進のための環境装飾を行ってきた。

 そんな木内氏が強調するのは、“商品に接客させる”ということ。どのように商品を魅力的に見せるかのノウハウとセンスを磨くことによって、通行客を店内に誘導して売り上げアップさせるはもちろん、スタッフの削減も可能だと話す。

■印象価格や商品価値を高めるカラーバランス

 木内氏が提案するようなディスプレイ技術は「VMD(Visaul MerchanDising)」と呼ばれている。品ぞろえや商品特性の演出にVMDの視点からアプローチすることで、ブランドイメージや商品の良さを顧客に自然に記憶させ、購買意欲に結びつける。木内氏はこれを“視ることによるコミュニケーション”だと力説する。

 このVMDで重要なことは2つある。ひとつは“色・色彩”、そしてもうひとつが“陳列の形”だ。

 たとえば通路から見て白い壁に白い商品を展示したらどうなるだろうか。後ろの壁に商品が沈み込んでしまい、まったく目立たなくなってしまう。これはかなりの悪例だが、実際にそういうディスプレイも少なくないという。

《関口賢/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

イベント アクセスランキング

  1. メガネスーパーに学ぶ、企業再起のための“三つの方法”

    メガネスーパーに学ぶ、企業再起のための“三つの方法”

  2. サービス業の人材不足をAIとロボットで乗り切る/Japan IT Week

    サービス業の人材不足をAIとロボットで乗り切る/Japan IT Week

  3. 【特集・スマート決済】インバウンド は「アクセプタンスマーク」で!!

    【特集・スマート決済】インバウンド は「アクセプタンスマーク」で!!

  4. 【クリーニング店とゼンドラ:2】ビジネスマンのための洗濯講座

  5. お好み焼き「千房」、インバウンド成功の決め手とは?/外食ビジネスウィーク

  6. 今年度の「そろばん日本一」が決定

  7. 第2回社歌コンテスト、大賞決定! 大賞と各賞発表!!

  8. トヨタのプロが教える“ダントツ品質活動”、不良対策は「八つのステップ」で!

アクセスランキングをもっと見る

page top