大阪北口・ヨドバシ梅田は34階建て複合ビル、ホテルも! 画像 大阪北口・ヨドバシ梅田は34階建て複合ビル、ホテルも!

インバウンド・地域活性

 ヨドバシカメラは、JR大阪駅前にある「ヨドバシ梅田」(大阪市北区大深町)の北側に商業施設・ホテルなどで構成する超高層複合ビル「(仮称)ヨドバシ梅田タワー」を建設すると発表した。施設規模は地下4階地上34階建て延べ約10万5200平方メートル。ホテルの客室は1000室程度を見込む。設計・施工を五洋建設が担当し、本年度から準備工事などに入る。本体着工は17年7月ごろを予定しており、19年秋の竣工を目指す。
 建設地は1期計画として01年11月に開業した「ヨドバシ梅田」の北側敷地約7000平方メートル。現在は駐車場として利用されている。西側には「グランフロント大阪」が立地し、今後はうめきた2期開発も本格化する。
 2期計画として建設する「(仮称)ヨドバシ梅田タワー」は、地下4階地上34階建ての超高層複合ビルとなり、地下1階~地上8階に商業施設(約4万8500平方メートル)、地上9階~34階にホテル(約4万1500平方メートル)、地下4階~地下2階に駐車場(約1万5100平方メートル)を設ける予定だ。既存ビル(地下2階地上13階建て延べ約10万8800平方メートル)を合わせた延べ床面積は約21万平方メートルに及ぶ。
 同計画は、13年2月13日に開かれた大阪市都市計画審議会で、都市計画案が都市再生特別措置法に定める「都市再生特別地区」として審議・可決され、同3月8日に都市計画決定されている。17年夏の本体工事着手に先立ち、本年度から都市計画決定済みの回遊デッキの先行工事や、準備工事に入る。

ヨドバシカメラ/大阪駅北口開発2期計画/34階建て複合ビル、設計・施工は五洋建設

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

    リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  3. JR東海がリニア名古屋駅着工へ

    JR東海がリニア名古屋駅着工へ

  4. 【コト消費化するインバウンド:3】美容サロン、日本の流行を感動に!

  5. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  6. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  7. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  8. 【オリンピックと業界認証:4】タクシー業界編

  9. 【田舎にもっと外貨を!:4】農泊参入の最大のチャンスは今

  10. 品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

アクセスランキングをもっと見る

page top