【ギフト・ショー秋2016:2】製造の現場=工場を公開して魅力を伝える! 画像 【ギフト・ショー秋2016:2】製造の現場=工場を公開して魅力を伝える!

イベント

【記事のポイント】
▼オープンファクトリー=雑貨工場を一般開放することで、街を巻き込んでのイベント化する
▼熱意ある外部を巻き込み、人や地域の広がりを作る
▼オープンファクトリーに注目する行政の助成も得やすい


 16年9月7日から開催の「第82回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2016」では、ギフトに向けた雑貨の展示に加えて、セミナープログラムも実施。その多くは雑貨を扱う小売店に向けたものだが、中には雑貨を製造するメーカーに向けたプログラムもあった。その一つが、「モノづくりの現場を公開し、モノづくりと地域の魅力を伝えるオープンファクトリー~地域のモノ・コト・ヒトを次代に繋ぐ~」だ。

 “オープンファクトリー”とは、簡単にいえば工場見学のこと。会場では日本各地でモノの生産・流通の現場に消費者や地域住民を呼び込み、地域活性化を図っている企業や自治体によるトークセミナーを開催。東京都台東区、大田区、新潟県燕三条エリア、富山県高岡市、そして行政側から経済産業省参事官という6人が壇上に上がった。

■台東区のオープンファクトリー「モノマチ」は10万人規模を動員

 オープンファクトリーでは、どのくらいの集客が期待できるのだろうか? 台東区のイベント「モノマチ」は御徒町~蔵前~浅草橋という約2平方キロメートルを回遊する方式で、参加工場や店舗も190社(店)と多い。8回目となる16年5月のイベントでは10万人規模で街を歩く人がいたという。

 そのほか、大田区や新潟県燕三条でもエリア型のイベントを開催しているが、高岡だけは宿泊付きのツーリズム方式で、毎回30名ほどが参加。人数は少ないが、ファクトリーと参加者の交流は濃厚になると語る。

 また、今回登壇したエリア以外でも単体の企業が工場を開放するなど、さまざまな手法でオープンファクトリーが展開されている。特に、大企業はワイン工場など単体でのオープンファクトリーが多い。しかし、中小規模以下の工場では、エリアでの“イベント型”にすることが重要だという。3本の矢の寓話ではないが、やはり小さい町工場は数を恃んで、バリエーションを売りにするのが重要のようだ。

《関口賢/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

イベント アクセスランキング

  1. 【LEXUS NEW TAKUMI PROJECT:1】新しい匠とその技

    【LEXUS NEW TAKUMI PROJECT:1】新しい匠とその技

  2. 「いきなり!ステーキ」、客離れを取り戻した戦略とは?

    「いきなり!ステーキ」、客離れを取り戻した戦略とは?

  3. 【インバウンドEXPO:3】体験型+VR集客が成功の方程式に

    【インバウンドEXPO:3】体験型+VR集客が成功の方程式に

  4. 【農業ワールド:1】ドローンやIoT、農家の今を変える技術

  5. 【新価値創造展2015】製品化された着るヒーター、通電繊維の未来とは?

  6. 【農業ワールド:3】農業カリスマが説く、最強の農家の作り方!

  7. 【ギフト・ショー】光で固まる特殊なインクを使った3Dペン玩具

  8. 教育現場のICT、その最新動向とは?

  9. 【農業ワールド:2】積載UPと自動操縦で効率化!農業ドローン

  10. 「地方創生カレッジ」で進む人材育成、求められる担い手とは?

アクセスランキングをもっと見る

page top