【ギフト・ショー秋2016:1】商機はどこ?今年の雑貨トレンド 画像 【ギフト・ショー秋2016:1】商機はどこ?今年の雑貨トレンド

イベント

【記事のポイント】
▼被災が続く国内では、実用的な防災グッズにギフトとしてのニーズが
▼雑貨のラインナップとして“インバウンド”が一つの切り口に
▼キャラクターグッズ再燃のタイミングを掴む


 ギフトといえば真っ先に思い浮かぶのはお中元にお歳暮。しかし、本質的にギフトが求められるシチュエーションは幅広く、トレンドによっては意外なものが相手に喜ばれることになる。また、ギフト品の多くはいわゆる雑貨店に置かれるため、販路を考えるならば、自分使いの商品としてのニーズもきちんと押さえるべきだろう。

 では、16年におけるトレンドとは何だろう? 東京ビックサイトで9月7日から3日間開催された「第82回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2016」。その会場に見たユニークな品々から、今年の面白いトレンドを追ってみた。

■災害グッズにギフトとしてのニーズが

 16年は日本全国が災害にみまわれた。4月には熊本地震が発生。さらに、8月から9月にかけては台風が相次いで本土に上陸している。このような状況もあってか、会場ではギフト狙いの防災グッズが注目を集めていた。

 中でも、避難所で使えるようなお役立ちグッズを展示していたのが「和弘プラスチック工業」だ。同社では55年の設立以来、ポリエチレンシートメーカーとしてB to Bの取引を続けてきたが、14年に「破袋せず水漏れしない水袋」をリリース。以来コンシューマー向けの災害時向け商品を手掛けている。

 会場ではこれをさらに進めて、簡易型エアクッションに仕上げた「ザブポン」が出展されていた。座布団、背中クッション、枕など5wayに利用でき、複数を組み合わせればエアマットとして簡易ベッドにも使える。「緊急災害時使用 エアざぶとんセット」もあり、担当者によると「どちらも小さく折りたためるので、災害時持ち出し袋などに入れておいてほしい」とのことだ。

 なお、「ザブポン」は16年4月に発売したばかりの商品のため、まずは敷居の低いECから発売を開始しているとのこと。ギフト・ショーへの出展は、リアル店舗への販路拡大が目的で、バイヤーへのPRの場としては「とても有効」だと話している。

《関口賢/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

イベント アクセスランキング

  1. 【メディケアフーズ展】独居者と在宅ケアが生む新たな需要

    【メディケアフーズ展】独居者と在宅ケアが生む新たな需要

  2. 先端建設技術センターがタイで技術セミナー開催!

    先端建設技術センターがタイで技術セミナー開催!

  3. 「中学生の主張」東京の受賞者発表/平成27年度

    「中学生の主張」東京の受賞者発表/平成27年度

  4. 【新電力EXPO】コストはリチウムの半額、1家1工場ごとに蓄電池のある未来

  5. 日本でサービスロボットを活用するには?/店舗ITソリューション展

  6. 信州で持続可能な林業への挑戦、カラマツの間伐材を外壁パネルに

  7. インバウンドEXPO:3/体験型+VR集客が成功の方程式に

アクセスランキングをもっと見る

page top