新潟県見附市が電線地中化で低コストモデル工事実施へ 画像 新潟県見附市が電線地中化で低コストモデル工事実施へ

IT業務効率

 新潟県見附市は、全国初の電線地中化の低コストモデル工事を9月にも公告する。市は現在、発注方式を詰めている。モデル工事の対象地は、新たに造成中の住宅地「ウエルネスタウンみつけ」(柳橋町地先)の市道で延長は1280メートル。約1000メートルを浅層埋設で、残りを小型ボックス活用方式により対象の道路全体を無電柱化する。完成は16年度内を予定している。
 電線地中化の低コストモデル工事は、国の電線・通信ケーブル収容管の埋設深さ基準と、電線と通信ケーブルの両収容管の設置間隔基準の改正で可能になった。
 埋設深さ基準(国土交通省が改正)では、従来の最浅位置より20~45センチ浅い位置で埋設できるようになった。例えば、標準的な舗装厚50センチの交通量が比較的少ない生活道路で埋設工事を行う場合、従来は最浅で路面下80センチだった収容管の埋設位置を、60センチ(径15センチ以上)から35センチ(径15センチ未満)にできる。土木工事費(1キロ当たり標準3・5億円程度)を最低でも1割程度削減する効果があるという。
 電線と通信ケーブルの両収容管の設置間隔基準(総務、経済産業両省が合同で改正)は、電線と通信ケーブルの各収容管を一つの小型ボックスにまとめて収容する埋設方式の採用を前提に、従来30センチとしていた電線と通信ケーブルの設置間隔を条件付きでゼロにできるようにした。電線か通信ケーブルのいずれかに難燃性の防護被覆を行えば設置間隔をゼロにできる。
 幅20センチ程度が一般的な小型収容ボックス方式の埋設方法を採用すれば、幅数メートルが一般的な共同溝方式よりも確実かつ大幅に土木工事費を抑制できる。
 モデル工事を行うに当たり見附市は、北陸地方整備局長岡国道事務所、東北電力新潟支店、NTTインフラネット新潟支店と合同で低コスト無電柱化モデル施工技術検討会を設置して技術的検討を進めていた。

新潟県見附市/電線地中化で低コストモデル工事実施へ/浅層埋設と小型ボックス併用

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?(続編)

    売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?(続編)

  2. 「コーヒー界のグーグル」が起こす、IT目線の生産性革命(中編)/ABC

    「コーヒー界のグーグル」が起こす、IT目線の生産性革命(中編)/ABC

  3. サービス業のIT利用最前線!1  老舗旅館がタブレットで変革

    サービス業のIT利用最前線!1  老舗旅館がタブレットで変革

  4. 「コーヒー界のグーグル」が起こす、IT目線の生産性革命(後編)/ABC

  5. 「コーヒー界のグーグル」が起こす、IT目線の生産性革命(前編)/ABC

  6. 【ICTが変える高齢化社会:6】介護になぜICTが好まれるのか?

  7. ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  8. 企業アプリのダウンロード数を最大化するツール、電通が開発

  9. ~スマート林業:6~新しい人材、新しい学びの場

  10. ~AIで変わる経営:1~分析による裏付け、サイト内の集客増に

アクセスランキングをもっと見る

page top