これもカープの勢い? 広島駅の周辺開発が活発化! 画像 これもカープの勢い? 広島駅の周辺開発が活発化!

インバウンド・地域活性

 JR広島駅新幹線口前で開発が進む「二葉の里地区」。その5街区で計画されている広島テレビ放送の「(仮称)広島テレビ放送新社屋新築工事」と、大和ハウス工業の複合施設「(仮称)広島二葉の里プロジェクト」の起工式が、8月31日に建設地で行われた。
 広島テレビ放送新社屋は、設計・監理と施工を大和ハウス工業、CMr(コンストラクション・マネジャー)を日建設計コンストラクション・マネジメント(NCM)が担当、18年3月15日の竣工を目指す。広島二葉の里プロジェクトは、PM(プロジェクト・マネジメント)と基本設計を安井建築設計事務所、実施設計と施工をフジタが担当し、19年3月31日の竣工を目指す。
 両施設の建設地は広島市東区二葉の里3の8の7。二葉の里開発地区の5街区で、14年に広島テレビ放送、大和ハウス工業、エネルギア・コミュニケーションズが共同で土地を落札し、その後に3社で分割した。施設の中心部にはイベント・憩いのスペースを設けるなど、3社が協力してにぎわいの創出を図り、地域活性化に貢献していく。
 広島テレビ放送新社屋の規模は、S造(免震構造)10階建て延べ1万9767平方メートル。1階にエントランスホールと多目的ホール、2~3階に最大収容人数2000人規模のコンベンションフロアを配置。4階以上に事務所やスタジオを設ける。18年3月に竣工し、10月の移転完了を予定している。
 広島二葉の里プロジェクトは、ホテルやオフィス、商業機能などを収容する複合施設を建設する。規模は、S造地下2階地上20階建て延べ4万9710平方メートル。12月1日に本格着工し、19年3月31日の竣工を目指す。
 広島テレビ放送新社屋新築工事の起工式では、NCMの中井進代表取締役会長が刈初の儀、広島テレビ放送営業部の西山把成さんが穿初の儀、大和ハウス工業の土谷勝上席執行役員広島支社長が堀初の儀を、二葉の里プロジェクトの起工式では、安井建築設計事務所の佐野吉彦社長が刈初の儀、大和ハウス工業の藤谷修取締役専務執行役員が穿初の儀、フジタの奥村洋治社長が堀初の儀をそれぞれ行い、関係者の一層の繁栄と工事の無事を神前に祈願した。

広島駅周辺開発/二葉の里地区で2プロジェクト起工/広島テレビ放送社屋新築など

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  3. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

    狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  4. 尼崎市・園田西武庫線御園工区、建設に本格着手。交通円滑化へ

  5. 高い評価の新潟米「新之助」、強気の値段設定はおいくら?

  6. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  7. 広島県らサッカースタジアム建設構想/3候補地比較検討、中央公園広場が事業費最小

  8. 日本ハムファイターズ新球場のイメージ公表/スタジアム核に複合施設整備

  9. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  10. 新橋駅前ビル周辺再開発、輝きを取り戻せるか?

アクセスランキングをもっと見る

page top