ダイバイヤー 番組裏トーク|精肉業の自社ブランド成功の理由 画像 ダイバイヤー 番組裏トーク|精肉業の自社ブランド成功の理由

イベント

 EC総合商社 ダイバイヤーへようこそ! 元サッカー日本代表の前園真聖さんが社長となり、全国の情熱をもったモノづくりを伝えながら地方創生を目指す――そんな真面目なテーマを、お笑いタレントのあべこうじらとともにユーモラスなトークで展開するのが、フジテレビ系で放映中の番組「ダイバイヤー」だ。

 紹介されるのは、伝統を守りながらも、時代に合わせて新たな趣向が施された商品たち。それを、生産者や職人のこだわりを聞きながら、前園さんなど番組メンバーが面白おかしくレビューしていく。

 HANJO HANJOでは、番組収録中のスタジオを訪れ、商品づくりについて編集部独自のインタビューを敢行! 番組連動企画の第1回。さて、本日プレゼンテーションされる商品は……。

※16年9月8日(木)に公開された記事で紹介している番組で、放送日程に変更がありました。「鶴亀フーズ」を紹介する番組のオンエアは16年9月15日となる予定です。

■3つの窯で煮るハム工場の自社ブランド「八ちょう煮豚」

「『三代目!肉工房、松本秋義』の『八ちょう煮豚』、これは豚肉本来の美味しさがギュッと詰まった、絶品のチャーシューです」(前園さん)

 醤油で煮込んだという「まっくろ煮豚」をはじめ、塩味、味噌味の全3種類。それをワサビを付けて、レタスに巻いて、気が付いたらあべさんがラーメンに入れていたりして。煮豚の旨さを余すことなく満喫した番組メンバー。収録後の楽屋では前園さんからも、こんな一言が。

「3つの窯で煮込むというこだわりが味に繋がっていて、肉もそうですけど、脂身の旨みがものすごいんですよ。僕は白いご飯が好きなので、どんぶりに白髪ねぎと盛ったら絶対に旨いと思う。マスタードを付けてもいいかもしれません」(前園さん)

 気になる秘伝の煮込み方については番組に譲るとして、「三代目!肉工房、松本秋義」は一体どうやって煮豚の製品化に成功したのか。番組収録後の楽屋にて、生産者の吉田ハム工場 吉田聡介さんへの取材からビジネスのヒントを探ってみた。

■煮豚へのリソース集約、ビジネスを3年で軌道に乗せる

――吉田ハム工場さんが自社ブランド「三代目!肉工房、松本秋義」を立ち上げてから5年近くが経ちました。「八ちょう煮豚」の売れ行きが好調ですが、どのような取り組みがあっての成果なのでしょうか?

吉田 楽天市場に出品したのが全ての始まりですが、それだけではお客さんは集まりません。その中で積極的に取り組んだのが、百貨店催事への出展でした。他にも、少しでも露出を増やそうと、ポンパレなどにも販売を広げて、そこでようやく口コミが生まれたんだと思います。ダイバイヤーのようなメディアにも露出されて、知名度とともにリピーターが少しずつ増えて、売上がビジネスとして成立するようになるまでは3年ぐらいかかりました。

《丸田鉄平/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

イベント アクセスランキング

  1. 「いきなり!ステーキ」、客離れを取り戻した戦略とは?

    「いきなり!ステーキ」、客離れを取り戻した戦略とは?

  2. 【国際ロボット展】完熟イチゴの鮮度を保つロボット、ポイントは“茎摘み取り”

    【国際ロボット展】完熟イチゴの鮮度を保つロボット、ポイントは“茎摘み取り”

  3. スマートフォンから始める生産性向上!/店舗ITソリューション展

    スマートフォンから始める生産性向上!/店舗ITソリューション展

  4. 「第2回 中小企業社歌コンテスト」開催決定! 応募お待ちしています!

  5. 「競合しない」経営を目指せ!森永卓郎氏が語る「中小企業の今後」

  6. 異学年グループでの編成制度などオランダの教育紹介、熊本大で

アクセスランキングをもっと見る

page top