~動画PRの成功術:3~講義をそのまま公開、顔の見える進学塾! 画像 ~動画PRの成功術:3~講義をそのまま公開、顔の見える進学塾!

IT業務効率

【記事のポイント】
▼若者世代にとって、スマホで見るWeb動画コンテンツは、テレビと同等の存在感を獲得している
▼顔を出すことで、顧客の信頼を獲得できる
▼動画は新たな客層、地域にリーチするプロモーションとなる


■若者にとってテレビと同等の存在感を持つWeb動画

 ユーチューバー(YouTubeに動画を配信し、そこからの広告収入を生業とする人)という“職業”が生まれ、子供の将来の夢としてもランキングされる時代である。

 近年のスマホ普及は一般消費者の動向にも大きく影響し、スマホ経由で動画を視聴する人が増えている。今や十代から二十代の若者世代にとって、スマホで見るWeb動画コンテンツは、テレビと同等の存在感を獲得しているという調査もある。企業のプロモーションを考えた時、Web動画を無視していていい情勢ではないといえるだろう。CM、プロモーション媒体として、もはやWeb動画はテレビCMと肩を並べつつあるのだ。

 ただ、YouTubeの冒頭に数秒表示されるような、純粋なCM動画においては、すでに各分野の大手企業が進出している。中小企業の立場から考えれば、そこで同じ土俵に上がってしまっては、大手と渡り合うことは難しいだろう。

 だが、YouTubeに公開された動画そのものをプロモーション手段として活用し、堅実に成果を上げている中小企業もいる。栃木県宇都宮市にある「コマキ進学塾」がそうだ。Web動画を決め手として入塾を決めたという生徒が、着実に増えているという。

 教育業界は、少子化の影響もあって大手でも方針転換や業界再編が進められている、厳しい業界だ。そんな中でも成果を挙げるプロモーションとは、一体どのようなものなのか。同進学塾の小牧信夫氏に聞いた。

■地域に根ざす中小企業の強みを、動画なら最大限に生かせる

「学習塾は数も多く、競争が激しい中で、以前からあるチラシなどによるプロモーションは効果が上がらなくなっていました。そんな時に、Web動画という手法もあるということに気付いたんです。ブログなどは他社でも使っていましたが、動画をやっているところはありませんでした」

 そう語る小牧氏は、YouTubeにチャンネルを開設して動画コンテンツを発信している。最終的な目的は生徒獲得だが、内容はいわゆる宣伝・広告ではない。チャンネルには、まるで授業風景をそのまま切り抜いたように、講師の小牧氏が自ら、志望校別の詳細な傾向と対策を語りかける映像が並ぶ。

 つまり広告ではなく、“商材そのもの”である授業内容を、一部とはいえ無償で見られるコンテンツにしてしまったのだ。企業としては躊躇するところだが、小牧氏は「大手には出来ないことだから、やる価値がある」という。

「最初は、躊躇はありました、動画だけで満足されるんじゃないかと。でも結果は逆でした。惜しみなく情報を出すことで、『もっと聞きたい』と思ってもらえたんです。そういう我々の姿勢が動画視聴者の信頼感、心を掴むことができた。どの仕事も最終的にはそうですが、塾というのは、教師と生徒の人間関係が大事です。『あの人だから』という気持ちが仕事に繋がっていく。動画を見て、この先生ならしっかり教えてくれそう、この人はいろいろ相談に乗ってくれそうだと思った、そういう理由で入塾を決めてくれた生徒さんが増えました」

 小牧氏は動画によって、肝心な「顧客の気持ち」をしっかり捉えることに成功したのだ。大手には難しいだろう、勿体ぶらずに手の内をさらけだす大胆な動画内容が、結果として信頼感の獲得、顧客増に繋がったわけだ。人と人の結びつきという面では、商品しか実感のない大手企業よりも、会社がそこに建っていて、働く人の顔が見える、地域に根ざした中小企業の方が、顧客との距離が近くて有利な点がある。教師と生徒が文字通りのフェイストゥーフェイス、顔を合わせる進学塾というケースでは、その強みが最大限に生かされたのではないだろうか。生徒からすれば、「実際にどんな風に教えてくれるのか」が事前に分かるのは、心理障壁を取り除いて安心できる作用もあったろう。

《HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【ICTが変える高齢化社会:6】介護になぜICTが好まれるのか?

    【ICTが変える高齢化社会:6】介護になぜICTが好まれるのか?

  2. 大林組、AI活用技術の開発体制強化/AIやIoTで生産性を向上

    大林組、AI活用技術の開発体制強化/AIやIoTで生産性を向上

  3. 高砂熱学工業、現場関係者にアップルウォッチ導入/情報共有で業務効率化、健康管理も

    高砂熱学工業、現場関係者にアップルウォッチ導入/情報共有で業務効率化、健康管理も

  4. 【ICTが変える高齢化社会:4】遠隔医療、シーズでなくニーズを

  5. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

  6. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  7. 大林組、山岳トンネル切羽評価に人工知能を適用/ディープラーニングで専門家と同等の評価

  8. サービス業のIT利用最前線!13 アプリで伝える、老舗の伝統と革新/ニユートーキヨー

  9. ~スマート林業:5~ヒノキの間伐材で畳に付加価値をつける

  10. サービス業のIT利用最前線!14 人事評価システムで選手育成/徳島インディゴソックス

アクセスランキングをもっと見る

page top