土佐市で複合文化施設の基本設計案。17年度着工 画像 土佐市で複合文化施設の基本設計案。17年度着工

インバウンド・地域活性

 高知県土佐市は、整備を計画している複合文化施設の基本設計(案)を公表した。図書館、市民会館、中央公民館、社会福祉センター、商工会の五つの機能を有する延べ約1万平方メートルの施設となり、17年度に建設工事に着手する。
 設計はマルアーキテクチャ・聖建築研究所JVが担当している。
 建設場所は高岡町乙の中央公民館、市民会館、社会福祉センターが立地している敷地3970平方メートル。
 基本設計案によると、施設の規模はS造地下1階地上3階建て延べ1万0779平方メートル。免震構造を採用する。1階に多目的ホール・大会議室(1階可動430席、2階220席、合計650席)と新施設事務所、2階に図書館、3階に社会福祉協議会と商工会、市民活動のための多目的室、調理室、市民ギャラリー、交流ラウンジなどを配置。地下は48台収容の駐車場、倉庫など。
 今後の事業スケジュールは、10月までに基本設計をまとめ、11月から約1年で実施設計を行い、17年度後半から建設工事を進める。オープンは19年度を予定している。
 市は、現在の市民図書館、市民会館、中央公民館の各施設が老朽・狭あい化し、バリアフリー化もなされていないことから市民のニーズに応えることが難しいとして、市民会館(閉鎖中)などを解体した跡地に複合施設として建設することにした。

高知県土佐市/複合文化施設基本設計案/延べ1万平米、17年度着工

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

    リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  3. 東池袋駅直上部の再開発、高さ125m、新たに二つの広場も

    東池袋駅直上部の再開発、高さ125m、新たに二つの広場も

  4. 上信越道・北野牧トンネル、巨大な岩塊の撤去工事開始!

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. 地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

  7. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  8. 品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

  9. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  10. 「MARK IS(マークイズ)」開発着工へ、福岡市内最大規模、18年秋開業

アクセスランキングをもっと見る

page top