土佐市で複合文化施設の基本設計案。17年度着工 画像 土佐市で複合文化施設の基本設計案。17年度着工

インバウンド・地域活性

 高知県土佐市は、整備を計画している複合文化施設の基本設計(案)を公表した。図書館、市民会館、中央公民館、社会福祉センター、商工会の五つの機能を有する延べ約1万平方メートルの施設となり、17年度に建設工事に着手する。
 設計はマルアーキテクチャ・聖建築研究所JVが担当している。
 建設場所は高岡町乙の中央公民館、市民会館、社会福祉センターが立地している敷地3970平方メートル。
 基本設計案によると、施設の規模はS造地下1階地上3階建て延べ1万0779平方メートル。免震構造を採用する。1階に多目的ホール・大会議室(1階可動430席、2階220席、合計650席)と新施設事務所、2階に図書館、3階に社会福祉協議会と商工会、市民活動のための多目的室、調理室、市民ギャラリー、交流ラウンジなどを配置。地下は48台収容の駐車場、倉庫など。
 今後の事業スケジュールは、10月までに基本設計をまとめ、11月から約1年で実施設計を行い、17年度後半から建設工事を進める。オープンは19年度を予定している。
 市は、現在の市民図書館、市民会館、中央公民館の各施設が老朽・狭あい化し、バリアフリー化もなされていないことから市民のニーズに応えることが難しいとして、市民会館(閉鎖中)などを解体した跡地に複合施設として建設することにした。

高知県土佐市/複合文化施設基本設計案/延べ1万平米、17年度着工

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  2. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

    <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

  3. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

  4. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  5. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  6. 幕張新都心若葉住宅地区の開発第2弾、1万人規模の街づくり

  7. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  8. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  9. 【地方発ヒット商品の裏側】ベルサイユ宮殿の晩餐で使用された「ぎやまん陶」とは?

  10. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

アクセスランキングをもっと見る

page top