ダイバイヤー番組裏トーク|老舗海苔店の脱大分県・PR戦術 画像 ダイバイヤー番組裏トーク|老舗海苔店の脱大分県・PR戦術

イベント

 EC総合商社 ダイバイヤーへようこそ! 元サッカー日本代表の前園真聖さんが社長となり、全国の情熱をもったモノづくりを伝えながら地方創生を目指す――そんな真面目なテーマを、お笑いタレントのあべこうじらとともにユーモラスなトークで展開するのが、フジテレビ系で放映中の番組「ダイバイヤー」だ。

 紹介されるのは、伝統を守りながらも、時代に合わせて新たな趣向が施された商品たち。それを、生産者や職人のこだわりを聞きながら、前園さんなど番組メンバーが面白おかしくレビューしていく。

 HANJO HANJOでは、番組収録中のスタジオを訪れ、商品づくりについて編集部独自のインタビューを敢行! 番組連動企画の第2回。さて、本日プレゼンテーションされる商品は……。

※16年9月8日(木)に公開した同記事で紹介している番組で、放送日程に変更がありました。オンエアは16年9月15日となる予定です。

■大分発、海苔のアイディア商品「鶴亀フーズ」

「『鶴亀フーズ』の地元大分県産の海苔を使ったアイディア商品です。一番印象に残ったのは『ゆず胡椒のり佃煮』。味付けのバランスがちょうど良くて、海苔の芳醇な旨みのあとに、ゆず胡椒の爽やかな香りが広がります」(前園さん)

 海苔の佃煮といえば「えっ、ワサビじゃないの?」とツッコミも入るが、そこは大分発の鶴亀フーズ。地元の極上なゆず胡椒の風味にヤられて、一同無言でご飯をかき込む一幕もあった。

 一方、番組を訪れた鶴亀フーズ 専務の幸野剛士さんからは、「ダイバイヤーでの全国展開に向けて、何か新しい売り方のアイディアを」とのリクエストも。これについては、準レギュラーとして出演中の管理栄養士 浅野まみこさんの一言から、「幸野さんの着ている前掛けがいいよね?」という話に。「じゃあ全部のパッケージにデザインしてみましょうか」という話になったが、幸野さん、本当に実現できそうですか?

 とはいえ、鶴亀フーズでは商品の全国展開に向けて、実際に色々と動き出しているとか。具体的にどのような戦略を立てているのか、収録後の楽屋にて話を伺った。

■商品情報の発信、SNSはファンを作っていくツール

――鶴亀フーズでは幸野さんが4代目を継いでから、いろいろと新しい取り組みが動き出しているそうですね。何かきっかけはあったのでしょうか?

幸野 海苔の消費量もそうですが、生産量も年々先細りになっています。海苔というとご飯に巻いて食べるという印象が強すぎるので、もっと色々な食べ方を提案できればというのが始まりでした。

――海苔の消費でいうと、コンビニのおにぎりが大きな部分を占めていますが、別のターゲットを狙うということでしょうか。

幸野 そうですね、大分という個性を出せるような商品作りを心掛けています。先代の社長が昔の文献を読み解きながら、岩場に干した海苔をあぶるという、昔ながらの「焼素干し海苔」を復活させました。今ではそれが会社の主力商品になっていて、主にはお土産品として人気を集めています。

《丸田鉄平/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

イベント アクセスランキング

  1. Googleが考える“現場力を支える”AIの未来/Japan IT Week

    Googleが考える“現場力を支える”AIの未来/Japan IT Week

  2. 第2回社歌コンテスト、大賞決定! 大賞と各賞発表!!

    第2回社歌コンテスト、大賞決定! 大賞と各賞発表!!

  3. 新業態など注目集まるコインランドリー、東京で2日より専門展

    新業態など注目集まるコインランドリー、東京で2日より専門展

  4. 『下町ロケット』エンジン、ミニチュア製作の藤井光学/中小企業 新ものづくり・新サービス展2017

  5. 【新価値創造展2015】製品化された着るヒーター、通電繊維の未来とは?

  6. 自動運転のAI用トレーニングジムが登場/AI+人工知能EXPO

アクセスランキングをもっと見る

page top