■ニュース深堀り!■集客に成功するSNSの正しい使い方 画像 ■ニュース深堀り!■集客に成功するSNSの正しい使い方

IT業務効率

 企業PRにLINEやTwitter、FacebookなどのSNSが積極的に利用され始めている。16年8月16日にICT総研が発表した「2016年度 SNS利用動向に関する調査」でも、SNS利用者数は17年には7000万人を超える見通し。テレビや雑誌が苦境にある中で、企業によるプロモーションの場はリアルからウェブへと拡散し続けているが、その中においてもSNSがトレンドとして注目度を高めている。

 企業PRがホームページやブログの開設、メルマガの発行だけで済んでいたのは一昔前の話。これからは中小企業でもSNSの活用が求められるが、そこにただホームページなどと同じ情報を掲載すればいいというわけではない。

 さらに、大阪市立大学大学院 創造都市研究科都市ビジネス専攻 教授の近勝彦さんは、最近のSNS一辺倒なプロモーションにも警鐘を鳴らしている。ポイントはSNSの拡散相手が既存顧客などの特定顧客に限られること、そして用途としての相性が会員サービスにあることだ。

■SNSは顧客管理や会員サービスに最適

――中小企業がプロモーションにSNSを活用するケースが増えていますが、実際に集客などに役立っているのでしょうか?

近 SNSの活用を相談される中小企業は増えていますが、一方で「せっかくSNSを始めたのにお客さんがちっとも来ない」と嘆く中小企業も意外と多いです。原因として考えられるのは、“SNSを始めさえすればお客さんが集まってくれるんだ”と勝手に思い込んでしまうことにあります。

 例えば、フリーペーパーに企業が広告を載せるとすれば、発行エリアや発行部数、読者層などを事前に確認してから広告出稿の可否や広告内容を検討していることでしょう。ところが、SNSについてはその特徴を十分に確認も理解もしないまま、開設してしまうケースが多いのです。

――では、SNSにはどのような特徴があるのでしょうか?

近 一概にSNSをひとくくりにはできませんが、大きな特徴はコミュニケーションメディアであること。そして、従来のメディアのように不特定多数を対象にしたものではなく、特定の顧客とコミュニケーションができる点にあります。そのつながりが大きく広がっていきますので、企業としては情報を口コミ的に拡散していくことが可能です。

 ただし、SNSで情報を相手がすぐ見える形で発信する場合には、自身のアカウントを「フォロワー」や「友達」といった形で登録してもらうか、相手のアカウント情報を取得しなければなりません。これは大きなハードルですが、逆に一度つながってしまえば深いコミュニケーションが可能となりますので、企業にとってはCRM(顧客管理)や会員サービスのような使い方が可能になります。

《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

    【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

  2. 【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

    【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  3. 【IoTツール最新事情:後編】中小経営者が今一番使いたいツール

    【IoTツール最新事情:後編】中小経営者が今一番使いたいツール

  4. 【スマート林業:2】経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  5. 【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

  6. 【ポストものづくり時代:5】低成長時代に生き残る戦略

  7. 中国でロボット導入が過熱! 6万人を置き換える工場も!

  8. ロボスーツと疲労軽減ウエアを併用、重作業の負担軽減 竹中工務

  9. 山梨市を巨大“実験場”に。ブドウ園に環境センサー、果樹ICT化構想スタート!

  10. 【AIで変わる経営:2】明かされた潜在顧客と“客が集う棚”

アクセスランキングをもっと見る

page top