非常食→日常食。パックご飯が人気! 成長市場に 画像 非常食→日常食。パックご飯が人気! 成長市場に

制度・ビジネスチャンス

 食品メーカーが米の消費減退を食い止める“妙手”としてパックご飯の製造・販売に力を入れ始めた。少人数世帯に手軽さが受け、非常食という従来のイメージではなく、日常食として定着しつつある。消費行動の変化を商機とし、既にメーカーは製造ラインの増設に乗り出している。米の産地JAが6次産業化で取り組む動きも広がってきた。

 年間2億食以上のパックご飯を製造・販売するテーブルマーク(東京都中央区)は、今年12月に新潟・魚沼地域にある工場にラインを増設する。全体の生産能力を3割近く高める計画だ。

 15年度まで3年連続で増収増益となる同社では、特にパックご飯10パック(1パック180グラム)入りのセット商品の販売が伸びている。15年度の伸び率は前年度比10%を上回った。同社は「これまで最低限、食べる分を買う『都度買い』需要が中心だったが、日常食として引き合いが強まっている」とみる。

 こうした好調な売れ行きを踏まえ、3月には北海道「ななつぼし」を使った新商品を投入するなど、銘柄米を強調したこだわり商品にも力を入れる。原料の米は、全国各地のJAなどから仕入れる。

 サトウ食品工業(新潟市)は15年度、「サトウのごはん」で知られるパックご飯の売上高が165億円と前年から6%増えた。今月から、新潟県聖籠町にある工場に新ラインを稼動させ、生産能力を約2割高める。

 米消費の実態に合わせて1パック当たりの量を減らした商品や、健康志向の高まりに対応した「発芽玄米ごはん」「麦ごはん」などの新商品も売り出し、好調だ。
生産10年で4割増
 食品の流通や販売を調査する食品需給研究センターによると、パックご飯の国内生産量は年間約14万トンで、この10年で4割増えた。16年1~6月累計も前年同期比6%の伸びが続く。同センターは「災害時の非常食として購入した層が、その手軽さを評価し、繰り返し消費している」と指摘する。

 拡大する市場に、米産地も注目する。パックご飯を手掛ける宮城県のJA加美よつばが出資する同JAラドファは、16年度の製造目標として前年度比1割以上多い約400万パック(1パック150~200グラム)を掲げる。米卸やスーパーからの受託製造の要望も増えているという。同社は「農家が生産した米の付加価値化を進める」と強調する。(宗和知克)

非常食 → 日常食 パックご飯 成長市場 手軽さ評価

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. ドラマ「小さな巨人」 に見る、組織内派閥抗争の行方

    ドラマ「小さな巨人」 に見る、組織内派閥抗争の行方

  2. 首都大学東京のベンチャー、次世代リチウムイオン電池開発会社を設立

    首都大学東京のベンチャー、次世代リチウムイオン電池開発会社を設立

  3. NHK大河「おんな城主 直虎」幻想的なおとぎ話のなかの生々しい経営ドラマ

    NHK大河「おんな城主 直虎」幻想的なおとぎ話のなかの生々しい経営ドラマ

  4. 野菜ペンが人気! 季節の旬に合わせたアイディア商品

  5. 愛知県・廃止の新交通システム桃花台線、高架構造物撤去を開始

  6. 国交省の社保未加入対策、現場入場規制で再周知。一覧表や一問一答を用意

  7. 国交省が道路橋技術基準改定へ。耐久目標100年規定、長寿命化へ部分係数法を導入

  8. もやし「安売り歯止め」消費者も支持、スーパーやっと交渉の場に

  9. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  10. 建機大手4社の16年4~9月期決算、全社が減収・営業減益

アクセスランキングをもっと見る

page top