路面下の劣化箇所、時速80キロ走行で3D情報を収集! 画像 路面下の劣化箇所、時速80キロ走行で3D情報を収集!

IT業務効率

 エイト日本技術開発は、路面下の空洞、埋設物、舗装体の劣化箇所などを調査・解析するサービス事業に乗りだした。土木管理総合試験所(長野市、下平雄二社長)が保有する高速移動型3次元(3D)レーダー探査・調査車「ロード・スキャン・ビークル」で取得した各種の画像データに独自の解析と計算を行い、空洞や劣化の状況などを特定する。橋梁床版の探査に活用した実績があり、今後は全国にサービスを拡大する。
 ロード・スキャン・ビークルは、車の前方に搭載した電磁波レーダー装置を使い、時速80キロで走行しながら路面下の空洞、埋設物、舗装体の劣化箇所を3次元で効率的に計測。1度の走行で幅2・4メートル(29側線分)の画像データを取得し、地中の状況(縦断、横断、水平断面)を把握できる。
 車体前方の電磁波レーダーで地中を、上部に搭載したGNSS(全地球航法衛星システム)機能で高精度の位置情報をそれぞれ取得する。舗装やコンクリート床版の劣化調査、道路空洞や埋設物、護岸・堤防空洞の調査に加え、電磁波レーダーの位置を付け替えればトンネル覆工の調査にも活用できる。GPS(全地球測位システム)機能による緯度・経度情報から地図や航空写真に取得したレーダー画像を表示させることも可能だ。
 エイト日本技術開発は、3D高速処理技術の導入によって時速80キロで1日に30キロに及ぶ長距離・広面積の連続した計測を実現。解析・出力データは縦断面図、横断面図、水平断面図という三つで表示するため、物標(劣化箇所など)の形状が把握しやすい。例えば、橋梁床版探査の水平断面図は劣化箇所とともに、鉄筋の配筋状態や床版背面鋼桁の反射も捉えることで、橋の劣化状況を構造計算などから明確にする。
 計測に当たっては車体上部に取り付けた回転灯とLED表示によって後続車両への安全にも配慮する。

エイト日技/路面空洞・舗装劣化調査に本腰/時速80キロ走行で路面下の3D情報収集

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 外食産業の生産性向上~エヴァンジェリストからの提言(前編)

    外食産業の生産性向上~エヴァンジェリストからの提言(前編)

  2. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

    サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

  3. ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

    ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  4. 売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?(続編)

  5. 【3Dプリンターと製造業:1】経費削減から自社ブランドの可能性まで

  6. ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  7. 産学官連携の次世代型放射光施設が具体化へ。宮城県内で候補地絞り込み

  8. 阪神高速のトンネル工事で矩形シールド機による掘削開始、地上部への影響を最小限に

  9. デザイナー不在でもチラシや名刺を……モリサワフォント18種などがフリーで使えるデザイン・印刷サービス

  10. 土木学会のAI懇談会が初会合/IoTやビッグデータを土木分野にどう活かす?

アクセスランキングをもっと見る

page top