鶴岡市と三川町の新ごみ焼却施設、DBO方式に 画像 鶴岡市と三川町の新ごみ焼却施設、DBO方式に

制度・ビジネスチャンス

 山形県鶴岡市と三川町はDBO(設計・建設・運営)方式を導入し、老朽化したクリーンセンター(ごみ焼却施設)を改築する事業に着手する。老朽化した施設を現地で建て替え、処理能力を高める。本年度に事業者の選定手続きを開始し、来年度までに事業者を決める。18年度に建設工事に着手、21年度の供用開始を目指している。市は事業費を145億2500万円と試算している。
 建設する施設の能力は日量160トン(80トン×2炉)。処理方式は全連続運転・焼却式またはガス化溶融式を想定している。
 建設場所は鶴岡市宝田3(敷地面積約8700平方メートル)。市は本年度当初予算にごみ焼却施設整備費として2900万円を計上した。
 現施設は90年に完成した。処理能力は日量165トンだが、稼働開始から26年が経過し設備機器の劣化が進み、処理量が落ちているという。
 工事では、既存ごみ焼却施設の敷地内にある駐車場部分に新たな焼却施設を建設する。
 既存の環境衛生棟を解体・撤去し、ごみの搬入路を確保する。電気棟と管理棟はいったん解体し、焼却施設とともに再建する。
 豪雨などの災害時にもごみ処理作業を継続できるよう、50センチ程度、予定地のかさ上げを行う。施設整備に当たり、循環型社会形成推進交付金制度を活用する。
 市は新たなごみ焼却施設を建設するに当たり、今月1日、地域の有識者らで構成する「鶴岡市ごみ焼却施設整備事業地元連絡協議会」を立ち上げた。
 初会合では委員から、ごみの焼却により発生する余熱を、施設内だけでなく施設外でも有効に利用できるようにする必要性などが指摘されたという。

山形県鶴岡市、三川町/新ごみ焼却施設整備/DBO方式、16年度に事業者選定手続き

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 中堅企業の33%「兼業・副業OK」 大企業より柔軟/アメリカン・エキスプレス・インターナショナル調査

    中堅企業の33%「兼業・副業OK」 大企業より柔軟/アメリカン・エキスプレス・インターナショナル調査

  2. お客さまとの距離が近い!年賀はがきのDMが支持される意外な理由

    お客さまとの距離が近い!年賀はがきのDMが支持される意外な理由

  3. リニア新幹線南アルプストンネル導水路を建設、全体工程7年想定

    リニア新幹線南アルプストンネル導水路を建設、全体工程7年想定

  4. なぜスーパーホテルは2度も「日本経営品質賞」を受賞できたのか? その秘密を探る

  5. リニア新幹線・第一中京圏トンネル新設西尾工区、競争見積もり手続きを公告

  6. 道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

  7. 主要ゼネコン26社の16年4~12月期決算、6割で受注高が増加、工事採算の改善が続く

  8. 建設業、堅調。16年の建設業倒産は4.8%減、8年連続マイナス

  9. ご飯の新しい食べ方、 新米を使ったパフェの味は?

  10. おにぎり値上げ、業務用米が高値で価格に転嫁/コンビニやスーパー

アクセスランキングをもっと見る

page top