人気も価格も安定の銘柄豚、スーパーのファン拡大へ 画像 人気も価格も安定の銘柄豚、スーパーのファン拡大へ

制度・ビジネスチャンス

 スーパー各社が鹿児島産「黒豚」など高値の銘柄豚の販売を強化している。通常、主力になる一般の国産豚枝肉が今年、相場が乱高下しているのに対し、価格が安定的で販売計画を立てやすいためだ。銘柄豚の産地は引き合いを受け、「この機会に手に取る消費者が増えればファン拡大につながる」と歓迎する。

 「肉質がきめ細かく、うま味たっぷり!」。首都圏で展開するスーパー、サミット(東京都杉並区)が精肉売り場に貼り出した看板のうたい文句だ。PRするのは鹿児島産「六白黒豚」。今年から全113店舗で、特売の回数を前年より1カ月当たり1、2回増やした。ちらしには載せない「切り落としセール」も多く仕掛けている。

 主力部位のロースは100グラムが388円(税別)。一般の国産豚ロースより5割近く高いが、「仕入れ価格が安定しており、売価を動かさずに安心して売り込める」(精肉部)のが店側には魅力だ。

 関東圏で約300店舗展開するマルエツ(豊島区)では自社ブランドの銘柄豚の販売が好調。7月の売り上げは前年同月を8%上回り、一般豚肉の伸び率を超える売れ行きをみせた。仕入れ量も約1割伸びている。

 アピールするのは、飼料にこだわり肉の臭みを減らした国産「桜もち豚」。市場を介さず仕入れるため価格が安定している。ロース(同298円・税別)をちらしに頻繁に載せ、客を売り場へ呼び込んでいる。

 銘柄肉を両社が売り込むのは、「国産豚枝肉の相場変動が大きい」(精肉バイヤー)ことが背景にある。市場の相場は今年、7月初旬まで上げ下げを繰り返した。価格の振れ幅は約3割と、例年にない動きになった。

 仕入れ値がぶれると店は利幅と売価の設定が難しくなる。そのため、市場動向の影響を受けにくく、量や価格が安定する銘柄豚が相対的にアピールしやすくなった。

 JA鹿児島県経済連は「6月初旬から黒豚の引き合いが強まっている」と明かす。取引価格の安定は、生産者にとって「将来計画が立てやすく生産に集中できる」と好意的に捉える。人気の高まりで消費が伸びれば「コストに見合った売価設定がしやすくなる」と見通す。

銘柄豚販促強化 背景に一般枝肉価格の乱高下 ファン拡大へ好機 スーパー

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 環七地下広域調節池の石神井川区間を工事。集中豪雨にも効果を発揮!

    環七地下広域調節池の石神井川区間を工事。集中豪雨にも効果を発揮!

  2. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  3. ボッシュ、電動アシスト自転車で日本市場に参入/拡大する日本の電動自転車市場

    ボッシュ、電動アシスト自転車で日本市場に参入/拡大する日本の電動自転車市場

  4. 野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

  5. リニア新幹線ガイドウェイ側壁製作工3件発注へ/関東、山梨、愛知

  6. 四国横断道吉野川大橋、延長1696.5メートル

  7. 東京五輪「カヌー・スラローム会場整備」のWTO入札公告へ

  8. 日建協の賃金交渉、ベア要求にこだわった上で一時金向上など要求

  9. 国交省が電気通信工事の国家資格創設へ、技術検定で制度化/30年ぶりの新種目

  10. ドローン操縦士協会発足!2020年の経済効果は91兆3000億円!!

アクセスランキングをもっと見る

page top