【VRと中小企業:5】VRが即戦力になる中小企業の現場とは 画像 【VRと中小企業:5】VRが即戦力になる中小企業の現場とは

IT業務効率

【記事のポイント】
▼設計の洗練や人材育成には、VRのシミュレーターが有効
▼ハードルの低さで狙い目なのが、VR空間への映像のパノラマ表示


■シミュレーターとしてのVRの利便性

「話題が先行しているエンターテイメントも、20年における予測ではVRに占めるシェアは30%に過ぎません。つまり残りの70%はゲーム以外での利用になるわけです」

 これは、今回取材を行ったうちの一人、DVERSE CEOの沼倉正吾氏によるコメントだ。では、残りの70%とは、一体どのような用途になるのだろう? 現状の応用範囲を考えると、やはり真っ先に思い浮かぶのがシミュレーターとしての利用法だ。

 例えば、建設や製造業であれば、3D CADなどで作られた設計図を、ソフトを使ってそのままVRコンテンツに変換できる。近年では3Dプリンターによる試作射出が進んでいるが、その簡易版といった立ち位置になるだろう。作ってみると初めてわかる、モノの形やバランス。それを事前に肌感覚で体験できるのは、制作段階におけるクォリティ向上の貴重な機会となる。

 さらに、モノづくりにおいてはVRならではのメリットもある。建設であれば施工現場を、工場であれば生産ラインを丸ごとVR空間に再現できるため、作業の効率化や安全対策の施策を事前に検討できることだ。何かの組み立て作業をするにしても、そこに手が入るのか、体勢はキツくないかを実物大で確認できる。実体のないデータなので、生産ラインの機械に頭を突き入れて、その裏側を覗き見するのも容易だ。

 このような応用が進んでいるのが、医療や教育といった分野だ。現場に行かなくても、部材を消費せずに、指導者が離れた場所にいても、事前の訓練が行える。投影された仮想現実を実際に触って動かせるようになるには、コントローラーの成熟を待たないといけないが、その規格策定も進んでいるようだ。実現すれば究極の訓練シミュレーターになる。

《HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 国交省、i-Con推進へロゴマーク作成/変わる現場の魅力発信

    国交省、i-Con推進へロゴマーク作成/変わる現場の魅力発信

  2. 【水産流通革命:1】多品種少量ニーズにITで応える

    【水産流通革命:1】多品種少量ニーズにITで応える

  3. 売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?(続編)

    売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?(続編)

  4. 日本のスマホ技術、タイで道路の舗装劣化状況把握の実証実験

  5. HJHJアーカイブス:07「老舗旅館を立て直した“ITのおもてなし”」

  6. 高齢者向け賃貸住宅でIoTを使った見守りサービスを実証実験

  7. 「コーヒー界のグーグル」が起こす、IT目線の生産性革命(前編)/ABC

  8. ドローンの飛行禁止区域等がわかる地図サービス登場!

  9. RPA(Robotic Process Automation)をご存知でしょうか?

  10. カシオ、タイ語・ベトナム語対応電子辞書発売、マレーシア語会話集も収録

アクセスランキングをもっと見る

page top