御殿場市の中心市街地活性化計画、PFIを検討 画像 御殿場市の中心市街地活性化計画、PFIを検討

制度・ビジネスチャンス

 静岡県御殿場市は、JR御殿場駅周辺を核とした中心市街地活性化基本計画案をまとめた。駅前のペデストリアンデッキや広場整備、立体駐車場整備にはPFIの導入も検討するほか、ホテルや複合施設などの具体的な民間開発計画も盛り込んだのが特徴。併せてアクセスを改善するための道路整備やバリアフリー化も行う方針。本年度内の計画認定を目指すほか、市商工会などで構成する協議会を民主導で設立。官民が連携し新たなまちづくりに取り組む。
 中心市街地の区域は、JR御殿場駅を中心とした約85ヘクタールの範囲。御殿場駅周辺地区まちづくり懇話会が今年2月にまとめた「中心市街地活性化基本計画の策定に係る提言書」で示した▽富士山の眺望を生かした景観が主役の整備▽公民による新たな複合施設整備▽まちなかのオアシスのような広場空間整備▽駅近接地に立体型駐車場の整備-などの要望を計画に反映した。
 御殿場駅前の富士山口ペデストリアンデッキと広場整備、立体駐車場(市駐輪場)の実施主体は市かPFI導入を検討。社会福祉協議会跡地は市が立体駐車場を整備する。民間による複合施設やホテル、低層集客施設の整備計画も盛り込み、駅周辺の再整備により都市機能を向上させる。5年間の計画期間内での事業化を目指す。このため、市商工会と御殿場まちづくり会社、経済界、商業者、商業団体などで構成する中心市街地活性化協議会を本年度内に設立。関係者との協議や事業化を支援する。
 市は基本計画案に対するパブリックコメントを経て年内に計画を策定。年明けに国に計画の認定申請を行う予定。また、17年度からはペデストリアンデッキや立体駐車場など事業手法の検討も本格化させ、早期の事業化を目指す。

静岡県御殿場市/中心市街地活性化基本計画案/駅前広場や立駐整備にPFI検討

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 今年のクリスマスケーキは、たっぷりのイチゴが魅力!/定番のショートケーキを強化

    今年のクリスマスケーキは、たっぷりのイチゴが魅力!/定番のショートケーキを強化

  2. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

    「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  3. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  4. 日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

  5. 主要ゼネコン26社の16年4~9月期決算、7割近くが粗利益率10%台

  6. 名古屋市「ノリタケの森」、にぎわいと交流の拠点に

  7. JR東海のリニア新幹線、川崎市麻生区に都市部トンネル

  8. 成功する新業態:01|月2000円で飲み放題のコーヒースタンド

  9. 建機大手4社の16年4~9月期決算、全社が減収・営業減益

  10. 農業や農産物のPR手法、おしゃれに進化!/スペシャリストが活躍

アクセスランキングをもっと見る

page top