都市型ビオトープ「再生の杜」、多様な生物が多様に生きる 画像 都市型ビオトープ「再生の杜」、多様な生物が多様に生きる

IT業務効率

 清水建設は、東京都江東区の技術研究所内に06年4月に建設した都市型の大規模ビオトープ「再生の杜」=写真=で、10年間にわたり生物や植生環境をモニタリングしてきた結果をまとめた。植物については、表土からの出現や風や鳥による種子散布により、当初の1・5倍に植物種が増加。水辺に放流した魚は全体で約2・5倍になったほか、周辺から飛来する鳥類の種類も増加。この結果、都市部でも生物多様性を高められることを確認した。
 再生の杜は、都市部での生物多様性向上の可能性を実証するために建設したビオトープ。1940平方メートルと大規模で、このうち池と流水路で構成する水辺域が650平方メートルを占める。建設に当たっては、現地発生土を用いて造成し、その上に埼玉県内の建設現場の表土(畑土)を再利用して20~50センチの厚さに盛った。
 在来植物として、樹木40科106種、草本43科94種の計200種を植栽。魚類については、絶滅危惧種に指定されているミナミメダカを含む7種を水辺域に放流した。
 モニタリング結果によると、植物は地域の絶滅危惧種3種を含む96種が増加。当初200種と比較して296種となり、約1・5倍に増えた。樹木も順調に成長しており、各種の落葉樹・常緑樹で豊かな樹林を形成している。魚類については、一部が減少したものの、ミナミメダカなどが増加したことで、全体としては放流時の約2・5倍となった。鳥類は、ビオトープを餌場や休憩場所として年中13~16種が飛来していることを確認している。
 都市部に建設するビオトープは、環境保全のほかセラピー効果も見込め、子どもたちの環境教育の場としても活用できる。建物や敷地の環境性能を認証するCASBEE(建築環境総合性能評価システム)やLEED(グリーンビル認証)などの重要な評価項目でもある。
 同社は、今回の分析結果を基に、都市部で計画される案件に対して生物多様性に配慮した建設計画を提案していく方針だ。

清水建設/都市部のビオトープを10年間モニタリング/生物多様性向上を確認

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

    米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  2. 大林道路、道路維持管理に3Dマルチ測定車導入……レーザースキャナで路面把握

    大林道路、道路維持管理に3Dマルチ測定車導入……レーザースキャナで路面把握

  3. 建研、西武建設ら中高層建物のドローン点検実験公開/吹き付け塗装の模擬施工も

    建研、西武建設ら中高層建物のドローン点検実験公開/吹き付け塗装の模擬施工も

  4. 東京駅日本橋口前・日本ビルの部分解体工事を公開

  5. ソフトバンク、新卒採用選考にAI導入/エントリーシート確認作業時間を75%軽減

  6. 「ユーザーの声」をサイト内で収集する「アンケートツール」登場

  7. 渋谷区、ICT教育システムにNTTドコモのLTE回線を採用

  8. 【商売を大逆転させる、スマート決済!】“フィンテック革命”を小売り店に~Square、PayPalの事例から~

  9. VRによるショッピングの未来、VRコマース

  10. ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

アクセスランキングをもっと見る

page top