「けんせつ小町」グッズ、要望に応え販売開始! 画像 「けんせつ小町」グッズ、要望に応え販売開始!

制度・ビジネスチャンス

 日本建設業連合会(日建連)は、建設業で活躍する女性の愛称にしている「けんせつ小町」のグッズ販売を始めた。ヘルメットなどに貼るステッカーを3種類、「私たちは けんせつ小町を 応援しています」のメッセージが入った垂れ幕、ピンバッジ(9月1日発売)を用意。日建連ホームページからグッズを販売するつくし工房のホームページに接続し、注文が行える。
 ステッカーは、白地(直径3センチ)と透明地(5センチ)、氏名・会社名を記入できる「新規入場者教育修了」(3センチ×8センチ)の3種類。価格(いずれも税・送料別)は、それぞれ100枚(10シート)で800円、1050円、1200円。垂れ幕は布製(220センチ×70センチ)で1枚1550円。ピンバッジは(直径1・4センチ)は1個350円。今後もグッズの拡充を前向きに検討するという。
 ステッカーは、ヘルメットのほかに胸章などに貼ることも想定。垂れ幕は現場やイベントでの掲示を期待している。会員企業にステッカーのサンプルを配布し、現場や協力会社などへのグッズの周知を依頼している。
 従来は日建連が提供する画像データを利用し、会員企業それぞれがバッジやグッズを作っていた。日建連本部には、グッズ製作を求める意見が届いており、建設関連用品を扱うつくし工房と販売の準備を進めていた。一般からの注文も受け付ける。

日建連/けんせつ小町のグッズ販売/ステッカーやたれ幕など

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 朝ドラ『べっぴんさん』に見る、うまくいく “両輪経営”

    朝ドラ『べっぴんさん』に見る、うまくいく “両輪経営”

  2. 本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

    本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

  3. 【中小企業の『経営論』】第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

    【中小企業の『経営論』】第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

  4. 名古屋市「ノリタケの森」、にぎわいと交流の拠点に

  5. 社保未加入、2次以下も排除なら施工力不安。工事急増も懸念材料

  6. 首都高の大規模工事、東品川桟橋・鮫洲から始まる

  7. 【田舎にもっと外貨を!:3】古民家再生はCOOL!

  8. 名古屋市が名駅周辺トータルデザイン検討会議を設置、リニア開業へまちづくり構想具体化

  9. 羽田空港跡地開発、中小企業の拠点形成なるか?

  10. 「国家戦略特区」その後。ドローン、民泊、外国人就労・・・合格点は?

アクセスランキングをもっと見る

page top