東芝が大阪工場跡地で、スマートコミュニティ構想を推進 画像 東芝が大阪工場跡地で、スマートコミュニティ構想を推進

インバウンド・地域活性

 東芝が大阪府茨木市太田東芝町の大阪工場跡地など約18・5ヘクタールで進める「東芝スマートコミュニティ構想」の土地利用計画案が明らかになった。構想用地の東地区(約13・5ヘクタール)に医療・福祉関係施設や追手門学院(茨木市)中学・高校・大学、メーンのエネルギー供給施設などを、西地区(約5ヘクタール)には大規模商業施設や中高層共同住宅などを計画。進出予定事業者らと施設計画を検討しており都市計画素案を早期にまとめる見通し。17年度の茨木市都市計画審議会への素案提出を目指す。 ◇17年度の市都計審に素案提出へ まちづくりコンセプトは「環境と人に優しく、災害に強いまち」。先進のエネルギー技術で持続可能なくらしを支える「環境に優しいまち」と、住宅・商業・文教・医療福祉など機能を集約し生活を支える「人に優しいまち」、南側にある西河原公園と一体となった「災害に強いまち」を複合整備する方針。 土地利用計画案では東地区に▽施設導入エリア(業務施設、メーンエネルギー供給施設)▽都市機能誘導エリア(医療・福祉関係施設)▽文教エリア(追手門学院)▽居住低層等エリア(一戸建て住宅)-を、西地区には▽商業エリア(大規模商業施設)▽居住中高層等エリア(共同住宅)▽施設導入エリア(サブエネルギー供給施設)-を配置する予定。 計画地は安威川の東部、国道171号西河原交差点と名神高速道路の間にある。東西の用地の間には、市道東太田町1丁目花園2丁目線が通っている。 今後、用途地域と高度地区の都市計画変更素案と(仮称)東芝スマートコミュニティ地区地区素案の策定を急ぐ。 追手門学院は東地区の約6・4ヘクタールを取得し新キャンパスを整備する方針。17年4月ごろに土地の売買契約を結び17年度にも着工、19年4月の新キャンパスのオープンを目指す。

東芝/大阪工場跡地(大阪府茨木市)土地利用計画案/スマートコミュニティ構想推進

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

    岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  2. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

    造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  3. 【オリンピックと業界認証:4】タクシー業界編

    【オリンピックと業界認証:4】タクシー業界編

  4. 日本武道館、増築・改修へ実施設計着手/20年東京五輪で柔道、空手の試合

  5. 【田舎にもっと外貨を!:2】日本中に自分の故郷を作るプロジェクト

  6. 東京23区で唯一大学のなかった墨田区、「i専門職大学」開学へ!

  7. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  8. これもカープの勢い? 広島駅の周辺開発が活発化!

  9. 羽田空港跡地第2ゾーン開発、計画概要を発表

  10. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

アクセスランキングをもっと見る

page top