HANJO HANJO、新サービス「Staple Pulse」を開始 画像 HANJO HANJO、新サービス「Staple Pulse」を開始

IT業務効率

 企業の経営を支える業務アプリ、特に経理の分野においてフィナンシャル・テクノロジー(フィンテック)が急速に浸透しています。これからは中小企業においても、業務を効率化するために欠かせない存在となりそうです。

 HANJO HANJOではクラウドキャスト株式会社との協業により、フィンテックを活用した中小企業経営支援サービス事業を8月15日に開始しました。中小企業の生産性向上を目指して、経理、法務、総務、営業などの視点からスマート経営をサポートするサービスの開発・提供を行っていきます。

 クラウドキャストは日本最大のフィンテック産業拠点「FINOLAB」に拠点を構えるスタートアップ企業です。フィンテック領域におけるソリューションの開発・提供により、ベンチャーや中小企業の業務効率化を支援しています。中でも、経費清算自動化ソリューション「Staple(ステイプル)」は、経理向けスマホアプリとして大きな注目を集めました。

 今回、リリースする「Staple Pulse for HANJO HANJO」は、キャッシュフロー管理を自動化するためのソリューション「Staple Pulse」の簡易機能版です。中小零細企業やNPO、フリーランスをターゲットに、経営者視点でのキャッシュフロー経営を実現。基本機能をすべて無料で利用できます。

 今後、HANJO HANJOとクラウドキャストでは、事例やユースケース、利用方法などのコンテンツを作成、中小企業に分かりやすく導入しやすい環境を整備していきます。ぜひご活用ください(下のバナーをクリックするとサービスページに移動します)。

width=
《HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?(続編)

    売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?(続編)

  2. ~スマート林業:1~最先端テクノロジーで未来志向へ

    ~スマート林業:1~最先端テクノロジーで未来志向へ

  3. 熊谷組が屋内での自立歩行支援介護ロボットを開発

    熊谷組が屋内での自立歩行支援介護ロボットを開発

  4. すばらしきドローン 現場はこう変わった!(建設会社編)

  5. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  6. ドローンの飛行禁止区域等がわかる地図サービス登場!

  7. 熊谷組ら4社、コッター式継ぎ手を使用した橋梁床版の実用化にめど

  8. 西武建設と岩崎がVR技術活用の安全教育システム開発。現場を3D再現、気づき体感

  9. 【3Dプリンターと製造業:1】経費削減から自社ブランドの可能性まで

  10. ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

アクセスランキングをもっと見る

page top