■ニュース深掘り!■訪日客、次のゴールデンルートを探せ! 画像 ■ニュース深掘り!■訪日客、次のゴールデンルートを探せ!

インバウンド・地域活性

 訪日客が団体客から個人客へと移行する中で、訪問先も東京から富士山をへて大阪・京都に向かうゴールデンルートから、全国津々浦々へと変化している。“以前よりも外国人観光客を見かけるようになった”と感じる地方在住者も増えているのではないか。

 では今後、どういった地域に訪日客が集まる可能性があるのか。全国の高速バス事業やインバウンド事情に詳しい高速バスマーケティング研究所代表の成定竜一さんに、これまでの振り返りと今後の予想を伺った。

■白馬にニセコ、九州、広島、そしてサムライロード

――成定さんから見て日本のインバウンドは、いまどのような状況にあると見ていますか。

成定 いま二つの流れがあると思います。団体包括旅行から個人自由旅行へという形態の変化と、ゴールデンルートから津々浦々へという地理的な変化。その両方がほぼ同時に起こっていると感じています。

 我々日本人の海外旅行も、かつて「ノ―キョ―(農協)ツアー」とも揶揄されたロンドン・パリ・ローマ8日間の旅といった団体旅行の時代から、地球の歩き方とH.I.S.の格安航空券のおかげで、個人化していきましたよね。ましてや今はLCCが飛び始め、インターネットで情報収集できる時代です。訪日客のFIT(Foreign Independent Tour:海外個人旅行)化の動きは、我々がかつて海外で経験したときよりも、一段と早い動き方をしている印象を持っています。

 またFIT化には、たとえば我々が“パリのアパルトマンで1週間住んでみたらかっこいい”と思うように、日本の素の生活を見にくるという側面があるので、観光立国の恩恵やすそ野が全国津々浦々に広がっていくだろうと総じて予測しています。

――個人の訪日客受け入れにおいて先行してきた地域と、その特徴を教えてください。

成定 まず滞在型のFIT受け入れ地として、スキーリゾートの北海道ニセコや長野県白馬が挙げられますね。

 訪日観光客には一か所のリゾート地で長く楽しみたい滞在型と、いろいろな観光地を見て回りたい周遊型の二種類があります。空港からホテルに直行できる滞在型のほうがハードルは低く、そのため、個人旅行化の流れは滞在型で先に進みました。

 我々もヨーロッパに行って個人であちこち周遊しようとするとハードルが高いですが、ハワイに行って、空港からホテルに直行してリゾート施設で7日間なら、けっこう簡単ですよね。そういった感覚でオーストラリア人は特に白馬を気に入りました。ただ、日本の宿泊施設が伝統的に行ってきた一泊二食型のお仕着せのサービスに彼らが満足しなかったため、転じて、周辺の市町村の飲食店にバスで送迎するという、新たなサービスも生まれました。

 続いて、個人旅行化の流れは周遊型にも押し寄せました。周遊型を希望する個人客がまず押し寄せたのは九州です。地理的に韓国や台湾から近いというのもありますし、点在する温泉地のほか、高千穂峡、ハウステンボスといった良いコンテンツが凝縮されています。さらに、九州各県や山口県下関市周辺の高速バス・一般路線バスのほぼ全線と一部の船舶が乗り放題になる、フリーパスチケットの「SUNQ(サンキュー)パス」がある点も大きかった。チケット販売数は年間約5万枚を突破しましたが、その要因はFIT訪日客の利用であると考えています。

 ほかにも広島原爆ドームと宮島の二つの世界遺産を持つ広島も、単独で集客力がありますね。予想以上にヒットしたなと驚かされたのは中部国際空港から飛騨・高山・白川郷、金沢へと抜けていく「昇龍道」。中華圏の人向けの呼称ですが欧州人には「サムライルート」と呼ばれています。中部運輸局が主導していて、ちょうど龍が昇っているように見える街道を高速バスを乗り継いで旅する形なのですが、高山、白川郷、金沢というのはどちらも古い日本の街並みが残っているのと、割引切符が販売されていることもあり、年々、個人の訪日客が集まっていると聞いています。

《塩月由香/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

    品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

  2. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  5. 東京・晴海五丁目西地区の選手村整備、着手へ

  6. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  7. 本厚木駅開発、17年7月着工めざす

  8. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  9. 和歌山市の市民文化交流センター計画、和歌山城を意識した外装デザインに!

  10. 北海道財務局、札幌・琴似住宅跡地売却の入札公告。12月20日まで参加受付

アクセスランキングをもっと見る

page top