アップデートをテーマにスクールウエア展示会

イベント

 学生服大手のトンボはこのほど、トンボスクールウエア総合展示会を東京・JPタワーホール&カンファレンスで行った。
 展示会のテーマは「制服検討委員会2016~御校の想いを最良の姿へアップデート~」で、大阪・名古屋・福岡でも開催した。
 入り口近くのゾーンでは、世界各国の制服を展示。トンボユニフォームミュージアムが所蔵する「世界の制服」から、ウイーン少年合唱団、英国パブリックスクール制服などが紹介され、参加者の目を引いていた。
 また女子高生から支持されるブランド「EAST BOY」がデビュー。制服に求められるフォーマルを保ちつつ、ブランドの持つ魅力溢れる洗練されたデザインの制服が紹介された。
 最新モデルチェンジ校の紹介コーナーでは、展示会テーマであるアップデートに沿って、以前の制服と新採用された制服とを実例で展示。モデルチェンジのポイントやアイデンティティの表現方法などが紹介された。
 体操服では、アスリートに人気のピステスタイルとトレーニングウェアを組み合わせた「PIS―TRE(ピストレ)」を新提案。現在採用されているジャージでは、防風性に弱く、体が温まるまでに時間がかかる、怪我の可能性が高まるといった課題を解決するアイテムとして、注目を集めそうだ。
 同社では、今年5月に創業140周年を迎え、これを記念した140アニバーサリーマーチャンダイジングを展開している。
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

イベント アクセスランキング

  1. 【LEXUS NEW TAKUMI PROJECT:1】新しい匠とその技

    【LEXUS NEW TAKUMI PROJECT:1】新しい匠とその技

  2. 「いきなり!ステーキ」、客離れを取り戻した戦略とは?

    「いきなり!ステーキ」、客離れを取り戻した戦略とは?

  3. 【インバウンドEXPO:3】体験型+VR集客が成功の方程式に

    【インバウンドEXPO:3】体験型+VR集客が成功の方程式に

  4. 【越境ECフェス】中国市場で大手に対抗、その出店ノウハウは?

  5. 【農業ワールド:1】ドローンやIoT、農家の今を変える技術

  6. 【農業ワールド:3】農業カリスマが説く、最強の農家の作り方!

  7. 【ギフト・ショー】光で固まる特殊なインクを使った3Dペン玩具

  8. 教育現場のICT、その最新動向とは?

  9. 【農業ワールド:2】積載UPと自動操縦で効率化!農業ドローン

  10. 「地方創生カレッジ」で進む人材育成、求められる担い手とは?

アクセスランキングをもっと見る

page top