■ニュース深掘り!■ 富裕層向けインバウンドビジネス 画像 ■ニュース深掘り!■ 富裕層向けインバウンドビジネス

インバウンド・地域活性

 インバウンドの中心が団体客から個人客へと移行する中で、新たなビジネスを模索する動きが出ている。このうち、注目される一つが、富裕層を対象にした観光・サービス業だ。観光庁も4月に発表した16年度の訪日プロモーション方針で、20年の訪日客4000万人達成に向けたターゲットとして富裕層を明記。成長著しいアジア諸国や従来から貴族階級が存在する欧米諸国など、世界各国の富裕層を、東京五輪を控えた日本に招き入れたい考えだ。

 こうした流れを受けて昨年から今年にかけて、富裕層向けのサービスを民間で立ち上がる動きもある。16年6月にはヒト・コミュニケーションズが、日本初をうたう多言語対応の高級リムジン送迎サービスを発表。コンシェルジュ同乗の上で、オーダーメイドの観光コースを案内するなど、その新たなアプローチが注目を集めた。

 記者を含めた富裕層とは程遠い生活を送る人々、特に地方の中小企業にとって、今後、新たに富裕層向けサービスに参入できる商機はあるのか。アジアを中心にここ4年、富裕層向け訪日旅行のコーディネートを展開。年間100件近くの富裕層による訪日旅行に携わってきた、ルート・アンド・パートナーズ代表の増渕達也さんに話を伺った。

■鈴鹿サーキットを見るため中部空港からヘリ移動

――増渕さんがこれまでお付き合いしてきた訪日富裕層というのは、主にどのような方々を指しているのでしょうか?

増渕 最も人数が多い層でも、資産は10億円以上。一番低い層でも、年収1億円前後の公務員や会社員の方々になります。日本人の感覚と違い過ぎて、ピンとこないですよね。でも、この20年、成長した国と成長しなかった国、その違いなんです。だからこそ、彼らの目にかなえば、いままでの数倍で物を売れる可能性があります。

――国内ではすでに富裕層向けの観光サービスが立ち上がりつつあります。これらの内容を踏まえた上で、日本でこの種のサービスは成功する可能性はあるのでしょうか?

増渕 リムジンサービスは、ホテルと周辺2マイル間の観光地とを往復するのには良いと思いますが、我々のクライアントがいま日本で求めているのはヘリです。ヘリを中心に、富裕層向けサービスの可能性は、地方でも今後広がると思います。

――ヘリでの移動となると、二次交通の提供ということでしょうか。中小企業にとっては、あまり手を出しにくい分野になりそうです。

増渕 皆さんヘリでの移動というと、テレビや映画のイメージからものすごい轟音と震動を想像されます。ですが、富裕層向けのヘリは内装設備も違うので、実際には飲食を取りながら旅を楽しまれる方も多いです。鈴鹿サーキットを観戦するために、愛知県の中部国際空港からヘリを飛ばしたクライアントもおられました。

 ただ、例えば鈴鹿からセントレアまでの幹線道路沿いで、ハマグリを売る人達がいたとします。そのハマグリがいくら美味しくても、富裕層の方々は、一般道路を車で移動して食べに行こうって思わないですよ。時間をお金で買う方々ですから。それよりも、”ハマグリも食べられる”ヘリを彼らは選ぶ。スペシャルハマグリとして売れば、1個いくらで売れることでしょう。

《塩月由香/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  2. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

    セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  3. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  4. 富裕層インバウンドの法則その4

  5. 東京・晴海五丁目西地区の選手村整備、着手へ

  6. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  7. 官民連携で「国際クルーズ」拠点を整備、選ばれた6つの港とは?

  8. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  9. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

  10. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

アクセスランキングをもっと見る

page top