常滑市・大規模展示場整備のWTO入札公告。予定価格は341億 画像 常滑市・大規模展示場整備のWTO入札公告。予定価格は341億

インバウンド・地域活性

 愛知県は5日、「愛知県大規模展示場整備事業」の総合評価一般競争入札を公告する。WTO対象。愛知県常滑市セントレアの中部国際空港島に延べ床面積8万6000平方メートルの展示場=外観イメージ=を整備する事業。設計から施工までを一括して発注するデザインビルド(DB)方式を採用する。参加申請を9月14日まで受け付ける。入札書の提出期間は10月5~6日。開札は同7日。
 参加できるのは、単体企業または2~6者構成のJV。JVの場合、建築工事を担当する者が代表構成員となる。代表構成員の資格は、建築工事業の経営事項評価点数1200点以上。
 JVの結成は▽共同実施方式▽分担実施方式▽併用方式-の3方式から選択する。構成員数は共同実施方式が2者以上6者以下、分担実施方式が2者、併用方式が2者以上6者以下。
 建築工事を行う第2構成員は建築工事業の評価点数920点以上、第3構成員は730点以上。電気工事を行う第1構成員は電気工事業の評価点数870点以上、第2構成員は730点以上。空調工事を行う第1構成員は管工事業の評価点数860点以上、第2構成員は750点以上。給排水衛生工事を行う第1構成員は管工事業の評価点数86点以上、第2構成員は750点以上などが条件。設計業務を行う者は1級建築士事務所。単体企業は、これらすべてを満たす必要がある。
 事業期間は、基本設計が17年2月28日まで、実施設計・施工が19年8月31日まで。予定価格は341億3988万3240円(税込み)。
 建設地は空港島の県有地約28万6800平方メートル。計画によると、建物は、約5万平方メートルと約1万平方メートルの展示ホール、約3000平方メートルの会議室、約2万3000平方メートルの共用部で構成する。三菱UFJリサーチ&コンサルティングと日本総合研究所が基本構想、日本設計が基本計画を作成した。
 県は、東京オリンピック・パラリンピック開催に伴い、首都圏の大規模展示場が長期間使用できなくなるため、19年秋までにオープンさせ、展示会需要の取り込みを図る。また、20年代初頭の技能五輪国際大会誘致にも弾みをつける考えだ。

愛知県/大規模展示場整備(常滑市)WTO入札公告/DB方式、10月7日開札

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

    造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  2. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  3. 高い評価の新潟米「新之助」、強気の値段設定はおいくら?

    高い評価の新潟米「新之助」、強気の値段設定はおいくら?

  4. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. みなとみらい21の大規模複合ビル計画、JR横浜駅からペデストリアンデッキで接続

  7. JR東海がリニア名古屋駅着工へ

  8. 共通する事業理念で汚泥処理からダチョウ飼育まで…周南市のある会社の取り組み

  9. サンケイビル、ホテル開発を加速/新ブランドで100億円超えを目指す!

  10. ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

アクセスランキングをもっと見る

page top