【3Dプリンターと製造業:5】ものづくり補助金で選ばれる事業とは? 画像 【3Dプリンターと製造業:5】ものづくり補助金で選ばれる事業とは?

制度・ビジネスチャンス

▼採択には「革新性」と「実現可能性」が重要
▼独自の技術を持つことが採択でも強みとなる


■「3Dプリンター×何か」のビジョン提起する事業計画が必要

 12年度から始まった「ものづくり補助金(ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金)」で、3Dプリンターを使った事業の採択が増えている。

 国内外のニーズに対応したサービスやものづくりの新事業を創出するため、革新的なサービス開発、試作品開発、生産プロセスの改善を行う中小企業や小規模事業者の設備投資などを支援するものづくり補助金。では、3Dプリンターを使った事業で採択を目指す場合、どのように計画し、補助金を活用すれば良いのだろうか。

「ものづくり補助金では、一昨年から3Dプリンターを活用した事業が多数採択されるようになりましたが、現在の傾向としては、事業計画に突出したものがないと厳しくなっています」

 このように語るのは、助成金や補助金に詳しい経営コンサルタントの島本聡さん。ちなみに、審査においては基本ではあるが、3Dプリンターの利用が事業にどのようなメリットをもたらすかが、やはり最重視されるという。

「先進的な技術を導入して会社のプロモーションを促進するといった、3Dプリンターの本質的な部分と無関係な内容では採択されるのは難しいといえます。3Dプリンターでどういった既存の事業とサービスを発展させるのかという、『3Dプリンター×何か』のビジョン提起が、ものづくり補助金の審査では最重要ですね」

《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. ユニーク社長のロングトーク/Casa 宮地正剛さん Vol.1

    ユニーク社長のロングトーク/Casa 宮地正剛さん Vol.1

  2. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  3. 【倒産情報】鮮魚・水産物販売の「最上グループ」倒産――負債総額38億以上

    【倒産情報】鮮魚・水産物販売の「最上グループ」倒産――負債総額38億以上

  4. 国交省が道路橋技術基準改定へ。耐久目標100年規定、長寿命化へ部分係数法を導入

  5. 厚労省が高所作業で安全帯のフルハーネス型を原則化へ

  6. 野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

  7. 国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

  8. 空き駐車場をネットで貸し借りできる! 駐車場シェアサービス「akippa」とは?

  9. 原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

  10. 納豆市場が急成長! 16年、過去最高の2140億円/「国産使用」後押し

アクセスランキングをもっと見る

page top