建設進む北海道新幹線、国内最長の陸上トンネル誕生へ! 画像 建設進む北海道新幹線、国内最長の陸上トンネル誕生へ!

制度・ビジネスチャンス

 建設が進む北海道新幹線に、陸上トンネルとして国内最長のトンネルが誕生することになった。鉄道建設・運輸施設整備支援機構鉄道建設本部北海道新幹線建設局は、北海道新幹線新函館北斗~新八雲間に建設する渡島トンネルと村山トンネルを1本化する計画変更を22日に発表した。これによりトンネルの長さは約33キロとなる。=7面に関連記事
 従来計画では、渡島トンネル(2万6470メートル)と村山トンネル(5265メートル)の間の区間は、橋梁や高架橋でつなぐ計画になっていたが、大規模な斜面対策が必要となったことから、村山トンネルを渡島トンネルに編入するかたちで一体化する。この結果、渡島トンネルの長さは3万2675メートルとなり、東北新幹線八戸~新青森間の八甲田トンネル(2万6455メートル)を抜いて国内最長の陸上トンネルになる。
 渡島トンネルは5工区に分けて建設する。このうち天狗工区の工事に15年度、鉄建・アイサワ工業・西江建設・北土建設JVの施工で着手。残りの4工区は本年度第3、4四半期に発注する予定。村山トンネルは12年度に岩田地崎建設・熊谷組・不動テトラ・相互建設JVで工事に着手している。
 北海道新幹線は新青森~新函館北斗間が今年3月に開業。新函館北斗~札幌間は2030年度の開業を目指している。

鉄道運輸機構/北海道新幹線2トンネル一体化/渡島と村山、国内最長33キロに

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

    日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

  2. ユニーク社長のロングトーク/Casa 宮地正剛さん Vol.1

    ユニーク社長のロングトーク/Casa 宮地正剛さん Vol.1

  3. 「中小企業の《経営論》」第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

    「中小企業の《経営論》」第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

  4. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  5. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  6. 野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

  7. 「SDGs」「サステナブル経営」をもっとよく知るために

  8. 桜美林学園、町田市に新キャンパス整備/土地は市から50年間の借り受け

  9. 新しい「霞が関の顔」、官僚人事でサプライズは?

  10. 納豆市場が急成長! 16年、過去最高の2140億円/「国産使用」後押し

アクセスランキングをもっと見る

page top