越境ECフェス/中国市場で大手に対抗、その出店ノウハウは? 画像 越境ECフェス/中国市場で大手に対抗、その出店ノウハウは?

イベント

【記事のポイント】
▼中国のEC市場規模は、19年に世界の4割に達する
▼「天猫」など中国独自のECサイトへ出店、欧米圏より出店コストは高い
▼日本で知名度の無い、中小企業の製品が大ヒットしているケースも


■中国市場は15年で世界の3割、19年には4割に達する

 国境を越えてインターネットビジネスを行う「越境EC」。16年7月25日には、中小企業基盤整備機構がセミナー&交流会「越境EC“まるごと”フェスティバル2016」を開催するなど、中小企業からも注目を集めている。

 爆買い現象に象徴されるように、中国の経済成長は目覚ましく、彼らをターゲットにした物販はもっとも注目されるところだ。会場でもEC支援サービスを提供する「ソウルドアウト」の事業開発室 中国ネットマーケティング支援事業部 執行役員 中西信人氏が「中国越境市場の事業機会」など、中国向け越境ECについてセミナーを行った。

 まずは、中国市場の現状と将来性についてだが、15年の国別B to C市場規模を見ると、中国が米国を大きく引き離してトップに。金額ベースでは米国の3406億USドルに対して、中国は6720億ドルと2倍近い市場規模をもっている。

 参考までに3位以下を見てみると、3位が英国で994億ドル、4位が日本で896億ドル、5位がドイツで618億ドルと、やはり中国の市場の大きさが際立っている。これについて中西氏は、「現在中国はEC市場の30%超を占めるが、この成長は今後も続き、19年には世界の40%を占めることになるだろう」と予測する。

 中西氏はさらに中国のB to C市場予測データ(中国元ベース)を示し、15年時点で60兆円規模となっており、年率30%の伸びを見せていると強調。さらには中国のネット利用者がまだ5割程度(日米は8割)と、この市場におけるポテンシャルの大きさも示した。

■日本では知名度のない商品が、中国独自のECモールでヒットに

 多くの越境EC事業者にとって、中国は魅力あるマーケットであることは間違いない。では実際の中国市場では、どんなEC事情があるのだろうか。中西氏は、「日本では自社サイトでの物販も成長を見せているが、中国ではさまざまな業種が参入するECモールでの売り上げが9割を占める」と中国独特のEC事情を語る。つまり日本における楽天のように、中国のECモールに出品することが重要だと指摘する。

 その中国のECモールは、「天猫」がシェア約6割を占め、2位の「京東」と合わせて8割を超えるシェアをもっている。つまり「天猫」か「京東」のどちらかに出品する必要があるということだ。

《関口賢/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

イベント アクセスランキング

  1. ネット利用の標語 個人・学校で募集開始

    ネット利用の標語 個人・学校で募集開始

  2. ジェトロ神戸主催のEPA関連セミナー 10月27日

    ジェトロ神戸主催のEPA関連セミナー 10月27日

  3. スポーツ観戦も臨場感で勝負! IoTと5Gイノベーション/ワイヤレスジャパン2017

    スポーツ観戦も臨場感で勝負! IoTと5Gイノベーション/ワイヤレスジャパン2017

  4. 先進的な取り組みが次々と登場、IoTがもたらす未来とは?

  5. 肉の劣化を防ぐジビエ処理車、普及の一助に

  6. 働き方改革のカギ「テレワーク」、導入はいま!/ワークスタイル変革EXPO

  7. スマホでのSNSをいかに集客、購買につなげるか?/販促ワールド

  8. 【農業ワールド:3】農業カリスマが説く、最強の農家の作り方!

  9. 「新価値創造展2015(中小企業総合展 東京)」開催! アイデア・技術・サービス・新製品が集結

  10. 「なかよし家族の朝ごはん」ハットリ・キッズ・食育・クッキングコンテスト

アクセスランキングをもっと見る

page top