【3Dプリンターと製造業:4】3か月を3日に圧縮する新モノづくり 画像 【3Dプリンターと製造業:4】3か月を3日に圧縮する新モノづくり

IT業務効率

【記事のポイント】
▼3Dプリンターは試作の時間短縮・コスト削減に有効
▼金型メーカーが3Dプリンターを使い攻めのビジネスを実現
▼日本のものづくりの職人技と3Dプリンターの融合で競争力アップ


■試作機づくりで時間短縮・コスト削減を実現

 アメリカとイスラエルに本社を置き、3Dプリンターのメーカーとして世界中に事業展開しているストラタシス(Stratasys)。同社では現時点における3Dプリンターの大きな役割として、「ラピッドプロトタイピング(RP)」と「ダイレクトデジタルマニュファクチャリング(DDM)」を提唱している。

 RPは、CADデータを活用して試作機(プロトタイプ)を素早く(ラピッド)製作しようというもの。一方、DDMとはCADデータから最終製品を直接製作する試みだ。

 3DプリンターはまずRPを中心として、徐々に進展してきた歴史を持つ。製品開発の場では、最終製品のイメージを事前にできる限り具体的につかみ、その需要や実現性などを判断する必要がある。アイデアに始まり、企画書や2次元・3次元でのデザイン、モックアップといった過程を経て、試作機の製作と改良を繰り返しながら完成させるが、3Dプリンターによる短時間での試作製作は、製品開発に大きな変革をもたらした。

 まず1つはコストの削減。従来の試作機の製作では、専用の金型や治具などを用意しなければならないが、3Dプリンターはこれらがいっさい不要。また、CADデータでさまざまな立体形状を射出成型できるため、アイデアをCADデータ化すれば即座に試作機を製作できる。

 コストと時間の削減。これにより企画書から2次元・3次元のデザイン、モックアップといった過程の簡略化が可能となった。しかし、RPでのメリットはほかにも2点あると、ストラタシス・ジャパンの片山浩晶社長は指摘する。

「3Dプリンターを導入される企業の多くは、スピードという概念をお持ちです。製品開発のスピードが早くなれば、新製品をいち早く市場に投入できることで競争力が高まります。さらに、コスト削減によって試作機を何個も作れるようになり、失敗を恐れない、試作機作りに積極的になる社員の意識の向上、つまりマインドセットにつながっているようです」

 3Dプリンターは失敗に意義がある。すなわち試作機作りや製品開発に臨む姿勢が大きく変わったわけだ。これは製品の品質やデザインの向上にもつがるだろう。

《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. AI活用の次世代タクシー配車アプリ「タクベル」、DeNAがリリース

    AI活用の次世代タクシー配車アプリ「タクベル」、DeNAがリリース

  2. ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

    ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  3. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

    米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  4. ネットで“おさがり”を実現、子供服の物々交換サービス

  5. 売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?(続編)

  6. LINE対抗と騒がれるも実際は?キャリア3社が共同開発した「+メッセージ」とは?

  7. 仕入れし過ぎた! 在庫が減らない!……困ったときの在庫買取

  8. 安藤ハザマら、ARで空調温度、気流を見える化/室内環境可視化技術「環境ウォッチ」

  9. 成田空港で次世代無線LAN「WiGig」による配信サービスのトライアル

  10. トンネル切羽地質の自動評価システム、AIの画像認識技術を活用

アクセスランキングをもっと見る

page top