【INBOUND JAPAN 2016】アジア発の訪日客をつかむ! 画像 【INBOUND JAPAN 2016】アジア発の訪日客をつかむ!

インバウンド・地域活性

【記事のポイント】
▼中国を含めたアジア圏の海外旅行客は増え続ける
▼世界遺産やお祭りをからめ、生活文化を資源とした観光開発を
▼地域インフラの優先順位はWi-Fi、多言語化の順番


■中国、そしてアジアの成長を見据えた戦略を

 インバウンドの今後を知るには、世界の動向、そしてその中における日本の立ち位置を知る必要がある。今後客数はどのように伸び、どのような消費が生まれるか。東京オリンピックをマイルストーンに、将来的なインバウンド戦略を立てるには欠かせない情報だ。

 東京ビックサイトでは22日から3日間にかけて、B to B専門展示会「INBOUND JAPAN 2016」を開催。会場ではジェイティービー代表取締役会長 田川博己氏が、「ツーリズムの世界の潮流と日本のインバウンドの課題に対する提言」というテーマでセミナーを行った。

 この中で田川氏は、東南アジア圏で伸びている観光客数について話している。このまま経済成長が進めば、30年にはアジアの国際観光到達人数は、今の欧米と同じ規模に。ここ数年は中国の景気が停滞しているが、これについても大きな影響は無いと見ている。

「日本ではバブルが弾けた後も、10年間に渡って毎年70万人ずつ海外旅行客は増え続けました。目的地に日本が選ばれるかは別の話ですが、多少の景気の悪化は海外旅行に影響を与えません」

 では、世界に選ばれる観光地になるには、日本は何を武器にすべきだろう?

■重要なのは観光コンテンツとPRの継続性

 観光分野における国際競争力ランキングでは、15年に日本は9位にランク付けされている。ここで評価されているのは「テロ発生率の低さ」「企業の顧客対応」「鉄道インフラの質」など。その中でも田川氏が注目すべきと話すのが、世界遺産や無形文化財への評価だ。

「日本の遺産には長い歴史の中で受け継がれた、生活文化の象徴といえるものが多いです。付随する習慣などの生活文化を体験できるのが、インバウンド観光における重要な要素。ヨーロッパではこうした魅力が高いレベルで提案されていて、日本でもこういう機能が必要になります」

《丸田鉄平/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

    バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

  3. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減、バス業界の今後は?:2

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減、バス業界の今後は?:2

  4. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  5. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  6. スラムを住みたい街に変えた復興術-ジョンソンタウン編-

  7. 常磐道・福島側4車線化工事に着手/早期復興に弾み、20年度完成へ

  8. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  9. 尾道市の千光寺公園のリニューアル、坂の町に調和したデザインに

  10. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

アクセスランキングをもっと見る

page top