~今月のレコメンデーション~8月に利用したい支援事業! 画像 ~今月のレコメンデーション~8月に利用したい支援事業!

制度・ビジネスチャンス

【今月のおすすめ、ベスト3!】
▼イギリスのEU離脱に対する、省庁や自治体の相談窓口
▼ものづくり・商業・サービス補助金、上限1000万円
▼創業・第二創業促進補助金追加募集、上限750万円(香川県)


■イギリスのEU離脱の影響、どう対応する?

 16年6月23日、国民選挙によってイギリスのEU離脱が確実となった。国内でも円高株安をはじめ、輸出、英国工場、欧州戦略などで、さまざまな問題が予測されている。結局は撤回されたものの、安部首相がリーマン・ショックとの類似点を指摘していただけに、過去に苦い思いをした経験のある企業にとっては頭の痛い出来事だ。

 今後、中小企業の営業にブレグジット(=イギリスのEU離脱)がどのような影響をもたらすのか? こうした声に応えるために今、中小企業基盤整備機構をはじめ、省庁や自治体、銀行などが専用の窓口を設立している。資金繰りや経営に不安がある事業者は、致命的な状況に陥る前に、これらの窓口に相談するのも一つの解決手段となりそうだ。

 その他、8月に利用できる支援事業としては、「ものづくり・商業・サービス補助金」や「創業・第二創業促進補助金」など、大型の補助金の2次募集がはじまっている。1次募集に間に合わなかった事業者は、ぜひチャレンジしたい。


【今後注目の支援事業】

「イギリスのEU離脱に関する相談窓口」

■中小企業基盤整備機構
http://www.smrj.go.jp/kikou/news/098675.html
■経済産業省
http://www.meti.go.jp/press/2016/06/20160627003/20160627003.html
■日本政策投資銀行
http://www.dbj.jp/ja/topics/dbj_news/2016/html/0000022572.html
■東京都
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2016/06/20q6t200.htm


「ものづくり・商業・サービス補助金」
■URL
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/2016/160708mono.htm
■募集締め切り:8月24日
■補助対象者
日本国内に本社及び開発拠点を有する中小企業者で、【ものづくり技術】の申請者は「中小企業のものづくり基盤技術の高度化に関する法律」の第2条第1項、【革新的サービス】の申請者は「中小企業等経営強化法」の第2条第1項に規定する者。

■助成対象事業
【ものづくり技術】は「中小ものづくり高度化法」の特定ものづくり基盤技術を活用した革新的な試作開発、もしくは生産プロセスの改善で、生産性を向上させる計画であること。事業計画については、その実効性が認定支援機関に確認されていること。

【革新的サービス】は「中小サービス事業者の生産性向上のためのガイドライン」にある方法によるサービスの創出もしくは提供プロセスの改善で、付加価値額年率3%および経常利益年率1%を達成できる計画であること。事業計画については、その実効性が認定支援機関に確認されていること。

■助成金額
一般型の助成率は2/3以内、上限は1000万円。小規模型の助成率は2/3以内、上限は500万円


「創業・第二創業促進補助金追加募集」
■URL
http://www.pref.kagawa.lg.jp/content/dir6/dir6_2/dir6_2_4/woh85m160711114300.shtml
■募集締め切り:8月5日
■補助対象者
香川県内における創業者または第二創業者で、創業者は県の創業支援塾などを受講した者。中小企業基本法第2条に規定する中小企業者であり、県税を完納していること。

■助成対象事業
成長のエンジンとなる分野創業支援事業、もしくはベンチャー企業促進支援事業

■助成金額
助成率は1/2以内、上限は「成長のエンジンとなる分野創業支援事業」が750万円、「ベンチャー企業促進支援事業」が400万円


※補助事業に関する公募内容の詳細については、ホームページをご確認ください

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《丸田鉄平/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  2. ナショナルトレセン拡充棟建設へ、東京五輪を目指すトップ選手の強化拠点に

    ナショナルトレセン拡充棟建設へ、東京五輪を目指すトップ選手の強化拠点に

  3. 主要ゼネコン26社の16年4~12月期決算、6割で受注高が増加、工事採算の改善が続く

    主要ゼネコン26社の16年4~12月期決算、6割で受注高が増加、工事採算の改善が続く

  4. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  5. いま「従業員持株会」が注目されるワケとは?

  6. ■ニュース深堀り!■コンパクトシティー、地元企業に商機は?

  7. 国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

  8. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  9. ボッシュ、電動アシスト自転車で日本市場に参入/拡大する日本の電動自転車市場

  10. 日清食品が滋賀県栗東市に新工場、50%以上の省人化でコスト削減

アクセスランキングをもっと見る

page top