「ポケモン GO」×マクドナルド、詳細続報! 画像 「ポケモン GO」×マクドナルド、詳細続報!

IT業務効率

 海外ですでに社会現象化しているスマホアプリ「ポケモン GO」が22日、日本国内でもダウンロードが可能となり、Twitterなどネット上では歓喜の声があがるなど、国内でも爆発的な人気となりそうだ。

※ポケモンGO関連記事まとめ

 これを受けて、日本マクドナルドも「ポケモン GO」とのコラボレーションの詳細を発表しており、さっそく都内のマクドナルドに行ってみることにした。

 「ポケモンGO」の開発は、リアルワールドゲーム「Ingress」の開発元としても著名なNianticが担当したスマホアプリ。ユーザーは、自宅付近や旅行先で、100匹以上のポケモンを捕まえたり、ポケモンとジムやバトルに繰り出したりといった遊び方が可能だ。今回のコラボレーション内容は、国内マクドナルド約2,900店舗が、「ポケモンGO」のジムやポケストップになるとのもの。

 約2,900店舗のうち、約400店舗は他のプレイヤーとポケモンを使って争う「ジムバトル」の会場となり、残り約2,500店舗は、プレイヤーがモンスターボールなどを調達する、ポケストップとして機能する。

 1時間半ほど前に「ポケモン GO」をダウンロードしたばかりの筆者は、中野区内の自宅から一番近いマクドナルドへ。その道中に、ドードーをゲットしたりと、早くも夢中になり始めていたところ、店舗へ到着。

 アプリを立ち上げた状態でマクドナルドの店舗の前でかざすと、ウィロー博士が登場し、「ここはジム。ポケモンバトルの腕を競う場所だ」と説明してくれたものの、「きみはまだ経験が浅い」「レベル5になってからまた来てくれ」と言われてしまった……。どうやら、ジムでポケモンバトルを楽しむには、レベル5まで上げる必要がるようだ。ジムに対応した店舗が約400店舗あるようだが、すべてがこの条件であるかは現状は不明。くれぐれも歩きスマホには注意いつつ、モンスターをゲットしたり、マクドナルドに行ったりして「ポケモン GO」を楽しんでみてほしい。

【注目記事】
・ポケモンGOにはまる芸能人が増加!ポケモンゲットのツイートが続々と!!
・ダチョウ倶楽部、鈴木奈々をライバル視!「いい女芸人でてきた」
・『ポケモンGO』プレイのワンポイント!ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!

「ポケモン GO」使って、マクドナルドに行ってみた!

《RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. カナモトら3社、建機の人型操作ロボット開発! 危険地域でも作業可能に

    カナモトら3社、建機の人型操作ロボット開発! 危険地域でも作業可能に

  2. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:3

    サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:3

  3. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

    サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

  4. 【VRと中小企業:4】鋳物職人の五感を継承する最先端OJT

  5. ファブ施設での農業関連利用が広がる、1日数千円で3Dプリンターやレーザー加工機など

  6. 「大量積載化」「自律化」進む、ドローンの産業活用最前線!

  7. ドローンによるレーザー測量、国内初実用化!

  8. 「業種エリア特化型」ポータルサイト運用サービス、大手メディア対抗として全国展開

  9. 全天候型ドローン+超高感多目的カメラで災害時の情報収集

  10. 首都高速会社、IoTやAIの活用でインフラ管理を高度化。外販でフィービジネスも

アクセスランキングをもっと見る

page top