【時事エッセイ】都知事への要望、訪日外国人に満足してもらえる競技施設を 画像 【時事エッセイ】都知事への要望、訪日外国人に満足してもらえる競技施設を

制度・ビジネスチャンス

 舛添要一前知事の辞職に伴う東京知事選が先週告示され、選挙戦が本格化している。「保守分裂」「首都決戦」「混乱終わり」…。新聞にはさまざまな見出しが躍り、31日の投開票に向け候補者の舌戦も一段とヒートアップしてきた▼都知事は2人続けて政治と金の問題で辞職を余儀なくされた。信頼回復と同時に、国際競争力を高める都市機能の強化、少子高齢化への対応、切迫する首都直下地震への対策と東京の課題は山積している▼とりわけ2020年東京五輪の準備は待ったなしだ。世界のトップアスリートはもちろん、大勢の観客と訪日外国人に満足してもらえる競技施設とインフラの整備は、新知事の責務の一つだろう▼「サッカーという競技を世界レベル近くまで高め、日本の中でメジャーな競技にしたいと思っていました」。日本オリンピック委員会のホームページで、川淵三郎元日本サッカー協会会長が日本代表選手として出場した前回の東京五輪を回顧している▼競技人口を飛躍的に増やすきっかけとなる舞台の整備に費やせるのはわずか4年。誰が知事になっても大いに手腕を発揮してほしい。

回転窓/新都知事の手腕に期待

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 新空港線線(蒲蒲線)、先行区間事業費は1260億円

    新空港線線(蒲蒲線)、先行区間事業費は1260億円

  2. リニア新幹線南アルプストンネル導水路を建設、全体工程7年想定

    リニア新幹線南アルプストンネル導水路を建設、全体工程7年想定

  3. 野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

    野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

  4. 【外国人技能実習生:1】受け入れを検討するタイミングはいま。

  5. 上場ゼネコン大手4社/17年4~6月期決算/3社が受注高3千億円台

  6. 環七地下広域調節池の石神井川区間を工事。集中豪雨にも効果を発揮!

  7. 建設関連企業、東京都の「時差Biz」に賛同/時差出勤やテレワークなど

  8. 日清食品が滋賀県栗東市に新工場、50%以上の省人化でコスト削減

  9. 東北整備局で震災後初の道路啓開訓練を実施

  10. ヤマダ電機、5月末までに46店舗を閉鎖、新規出店計画も15店舗

アクセスランキングをもっと見る

page top